突然ですが、あなたは次のような悩みを抱えていませんか?

「精神的に疲れすぎて、涙が出てきてしまう・・・。」
「いまの会社を辞めてラクになりたい・・・。」
「でも、家族を不安にはさせたくない・・・。」

上司からの嫌がらせやパワハラ、仕事内容に納得できていないと、上記のような悩みでいっぱいになり、心身が疲れ切ってしまいますよね。
活力のないあなたを見ていると、家族は心配しているかもしれません・・・。

さて、そんなあなたに知っておいて欲しいのが、会社を辞めるためには下準備が大切だということ。
なぜなら、会社を辞めるための下準備をきちんとしておけば、会社を辞めることを家族から反対されたり、上司から文句を言われずに済むからです。

今回の記事では、そんな会社を円満に辞める方法だけでなく、今の会社をやめたい理由別の対処法をお伝えします。
ぜひ、この記事をキッカケにあなたが満足できる会社で働けると幸いです。

それではまいります!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

会社を辞めたいと思う理由は人間関係?仕事を辞めたい理由別の対処法

ところで、あなたが会社を辞めたいと思う理由はなぜですか?
会社を辞めたい理由は人それぞれあるでしょう・・・。

ですが、まだあなたは会社を辞めると決断するのは早いかもしれません。
なぜなら、会社を辞めたいと思っている理由によっては、会社を辞めないほうが幸せでいられることもあるからです。

この章では、以下の会社を辞めたい理由ごとに、本当に会社を辞めるべきなのかをお伝えします。

 


●会社を辞めたいと思う理由

  1. 仕事内容に納得できない
  2. 働ける環境ではなくなった
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 収入や待遇に不安を感じている

 

 りゅうのすけ(通常)

本当に自分が今すぐに会社を辞めるべきなのか、考えるキッカケにしてくださいね。

1.仕事内容に納得できない

●事例

  • 人手が足りておらず、手が回っていない
  • 経験がないのに重圧のかかる仕事を任される
  • 仕事内容が単純作業ばかりで、やりがいを感じない
  • 仕事が早く終わると、余力があると見なされ仕事を振られる
  • 頑張っても評価に反映されない

 

仕事の中身に対して、やりがいを感じられなかったり、理不尽な仕事の振られ方をすると、会社を辞めたくなっちゃいますよね・・・。

 

 りゅうのすけ(通常)

僕も過去、とあるウェブサイト制作会社にいた頃は、ウェブサイトの修正に次ぐ修正の嵐で、「それ、先に言ってもらえません・・・?」と心の中でマジギレしていました。笑

やはり、仕事というのは人生の中でも、もっとも比重の大きな時間を占めます。
そんな重要な仕事の時間が充実していなければ、人生そのものが充実しないでしょう。

今すぐに会社をやめることは難しいかもしれませんが、転職を視野に入れたほうがいいかもしれませんね。

2.働ける環境ではなくなった

●事例

  • 結婚・出産をしたため働けない
  • 引っ越したため、通勤に時間がかかってしまう
  • 親が病気にかかった・要介護状態になった
  • 転勤が言い渡されたが、事情があり転勤できない

 

家庭環境が大きく変化すると、どれだけ今の会社が良い会社でも、辞めなければならないことはあります。
ですがそんな時は、すぐに会社を辞めずに、以下のようの対処ができないかを会社に確認してみましょう。

 


  • 実家のある地域の支社へ異動希望を出す
  • 産休・育休を取得申請をする
  • 在宅勤務制を取ることができないか確認する

上記の対処ができないかを確認しても、会社から納得のいく対応をしてもらえなければ、会社をやめるという選択をしましょう。

 

りゅうのすけ(困り)

ちなみに、親の介護などの理由で会社を辞めようとすると、めちゃくちゃ疑われます。
なぜなら、「何とかして会社を辞めたい人の口実ランキング第1位」だからです。
もちろん、事実であれば問題はないのですが、嘘の理由で会社をやめるのは控えましょう。

3.人間関係に悩んでいる

●事例

  • 陰口や無視、あり得ない噂を流されなどの嫌がらせを受けている
  • 「人が足りないのに辞めるなんて無責任。」と上司から言われる
  • 同僚の香水の匂いやワキガの匂いがキツくて集中できない
  • 忘年会や新年会などの飲み会が多くて、気疲れする

上司や部下と人間関係がうまくいっていない方は、会社に居心地の良さを感じられず、辞めてしまいたいと考えているでしょう。
ですが、会社を辞める前にひとつだけ注意して欲しいことがあります。

それは、「そもそ人間関係がうまくいっていない原因はどこにあるのか?」ということ。
例えば、以下のふたつを比べると、そもそも人間関係の悪化の原因が全く違いますよね。

 


  • 自分に原因がある
    仕事上のミスが多い、先輩に対して失礼な言動が多い、部下に対して厳しく接しすぎている、知らないうちにパワハラ・セクハラ発言をしてしまっている、タバコなどが原因で息が臭い
  • 上司や部下に原因がある
    明らかに人によって態度や発言を変えている、一方的に陰口や嫌味を言われる、飲み会で一発芸などの理不尽なフリがある、勝手に噂を広める

 

もし、上司や部下に人間関係悪化の原因があれば、会社を辞めてしまっても問題はありません。
しかし、中には、自分に原因があるにもかかわらず、それを棚に上げて「あいつのせいで会社を辞めたい・・・。」といっている方もいます。

まずは会社における人間関係悪化の原因がどこにあるのかを冷静になって分析してみて下さい。
転職するかどうかはそれから決めると良いでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

人間関係に悩んでいるという方は、「職場の人間関係がツラすぎる!人間関係悪化の原因別の対処法」という記事も読んでみてください。
職場における人間関係の悪化に対して、どのように対処すべきかが分かりますよ!

4.収入や待遇に不安を感じている

●事例

  • 入社前に聞いていた条件と、入社後の条件が全く違う
  • 仕事量に対して給料が少ない(アルバイトの方が稼げる)
  • 経営が不安定で、給与が滞ることがある
  • 残業代が出ない・通勤手当が出ない

 

現職において、お金に関する悩みを抱えているのであれば、今すぐに転職をおすすめします。
というのも、「お金」は生きていく上でもっとも大切なツールであり、お金がないことで心が不安定になり、仕事に集中できなくなったり、うつ病などの心疾患にかかってしまうことがあるからです。

もちろん、会社に対して給与を上げてもらうよう交渉すれば、少しは給与が改善されるかもしれません。
しかし、交渉して給与を増やせるなら、会社は最初からその額を出せたはずですよね。

そんな、従業員の労働の価値を見くびっている会社とは早めに離れ、あなたのスキルや経験に価値を感じてくれる会社を見つけた方が良いでしょう。

>>転職で年収をアップさせる3つのポイント

仕事を辞めるか辞めないかを決断できない!原因は他人軸でモノゴトを判断しているから

ここまで、人それぞれの会社を辞めたいと思う理由と対処法をお伝えしてきました。
ですが、ここまでの内容を読んでも、本当に自分が会社を辞めるべきなのか悩んでいるという方もいるはずです。

確かに、会社を辞めるという決断は、人生においても非常に重要な選択なので、どうすれいいのか迷ってしまいますよね。
特に、次のような理由でなかなか踏ん切りをつけられずにいるのではないでしょうか?

 


  • 家族や親が不安になってしまうかもしれない・・・。
  • 上司に「辞める」と言いづらい雰囲気を出される。
  • スキルがないので、今より良い会社に入れるか不安・・・。
  • 会社と揉めたくない・・・。

 

あなたが上記のように、他人の目や世間体を気にし、なかなか決断できずにいるのであれば、今後もあなたは悩み続けることになってしまいます。
なぜなら、他人軸でモノゴトを考えている人は、重要な決断や選択を他人にゆだねてるため、自分の満足のいく選択肢を取れないからです。

ただ、あなたがどうしても他人軸でモノゴトを判断してしまう理由も分かります。
実は僕もそうだったので・・・。

ですが、本当は会社を辞めたいのに、周りの目を気にして会社を辞められないのは、人生における大切な時間を失ってしまうことにもつながります。

 

 りゅうのすけ(通常)

そこで、次の章では「周りとの人間関係を悪化させずに会社を辞める方法」をお伝えします。

「会社を辞める!」と決断したらやって欲しい!今の会社を円満退職しより良い会社に転職する方法

家族や親、上司、同僚など、会社を辞めたくても辞められない理由はいつでも、人間関係が原因ですよね。
この章では、そんな周囲との関係をできるだけ悪化させずに会社を辞め、いまより条件の良い会社に転職する方法をお伝えします。

 


●円満退職するための3ステップ

  1. 転職について身近な人に相談する
  2. 転職サイトに登録し、転職活動をはじめる
  3. 転職先が決まったら退職届を提出する

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.転職について身近な人に相談する

「今の会社を辞める・・!」と決心したら、まずはパートナーや親などの身近な人に相談するのがおすすめです。
なぜなら、あなたの身近にいる人は、あなたの収入で生活していることもあるため、早めに相談することで心の準備をしてもらえるからです。

例えば、あなたが会社を辞めたことをパートナーに事後報告をしたとしましょう。
すると、パートナーは「え・・・?明日からどうやって暮らすの?」と不安になってしまいますよね。
しかし、会社を辞める具体的な行動に出る前に辞めることを伝えておけば、心の準備ができ、焦らずにあなたの応援をしてくれます。

 

 りゅうのすけ(通常)

やはり、会社を辞めるという選択は、プレッシャーもかかりますし、何かと精神的に疲れてしまいます。
ですが、応援してくれる人がいれば、必ず転職活動もやり遂げることができるでしょう。

2.転職サイトに登録し、転職活動をはじめる

身近な人に会社を辞めることを相談をしたら、転職サイトに登録し、転職活動を始めましょう。
できれば、通常の転職サイトではなく、「転職エージェント」と呼ばれる、コンサルタントがひとりひとりについてくれるサービスを選ぶと良いですよ。

ちなみに、有名な転職エージェントとして、「リクルートエージェント」があります。

僕も以前、転職活動を行う際に活用しましたが、転職活動について右も左も分からない僕に、親身に対応してくれたのを覚えています。

まずは「リクルートエージェント」に登録し、転職活動を始めるところからはスタートさせてくださいね。

 

 りゅうのすけ(通常)

また、転職活動を行う中で、身につけておきたい資格やスキルを発見することもあります。
そんな時は、現職の給与という後ろ盾があるうちに、スキルアップに時間をかけてくださいね。

3.転職先が決まったら退職届を提出する

転職先の内定をもらってから、退職手続きをはじめましょう。
というのも、内定先が決まってから退職手続きを行うことで、収入が途絶える心配もなくなるからです。

ちなみに、僕の転職活動をしている中での失敗は、先に勤め先に辞めると伝えてしまったことです。
転職活動をしている中で「やっぱり今の会社がいいかも。」と思ったのですが、すでに辞めると言ってしまっていたので、後戻りをすることができませんでした。

 

 りゅうのすけ(通常)

あとで後悔のないよう、「内定→退職」という順序を守ってくださいね。


 

ここまで、円満に退職する方法をお伝えしました。
ですが、中には、そもそも「会社を辞めます。」と言いにくい職場に勤めている方もいるでしょう。
そのような方は、少しでも会社を辞めやすくするために、次のような根回しを進めておくと良いでしょう。

 


●会社を辞めやすくするための根回し

  • 引き継ぎのためのマニュアルを作っておく
  • 仲のいい上司や管理職の方にも事前に相談しておく
  • 引き止められた際の断り文句を用意しておく

 

 りゅうのすけ(通常)

会社にかかる迷惑が完全に0になることはありませんが、少しでも辞めやすい状態を作っておいてくださいね。

会社が退職願に応じてくれない!そんなときは労働相談センターに問い合わせよう!

ちなみに、最近では「退職願を出しても、会社が応じてくれない・・・。」という問題が起こっています。
もしかしたら、あなたの会社もそうなるかもしれません。

ですが、本来は誰にでも会社を辞める権利はあります。
もし会社が退職願に応じてくれないのであれば、遠慮せずに最寄りの「労働相談センター」に問い合わせるようにしてください。

具体的な対処法を教えてくれますよ。

例として、「東京都労働相談センター」のリンクを貼っておきますね。

>>東京都労働相談センター

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら