突然ですが、あなたは飛び込み営業がキツくてストレスを感じていませんか?

飛び込み営業って、やらなきゃいけないと分かっていても、いざインターホンの前に立つと何もできなくなってしまいますよね。
自分の力のなさに、涙を流してしまうこともあるのではないでしょうか・・・。

ただ、だからと言って、すぐに転職をするのはもったいないんですよ!

なぜなら、飛び込み営業を辞めたいと思っている理由によっては、そのまま飛び込み営業を続けた方が成績をあげられることもあるからです。

では、具体的にどんな人が、飛び込み営業を続けた方がいいのでしょうか?

今回の記事では、そんな飛び込み営業をやめたい理由別の対処法や、飛び込み営業から別の会社に転職する方法をお伝えします。
ぜひ、自分が今後も飛び込み営業を続けるべきか再確認してくださいね。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

飛び込み営業がツラいと感じる理由とは?断られると人格を否定されていると感じるから

ところで、あなたが飛び込み営業をするにあたって、キツいと感じるのはどんなときですか?

「飛び込み営業がキツい・・・。」と感じるあなたに、まず最初にやって欲しいのが、飛び込み営業がキツいと感じる理由の再確認。
というのも、その仕事をキツいと感じる理由によって、今すぐに転職をした方がいい人と、そのまま仕事を続けた方がいい人がいるからです。

ということで、この章では、飛び込み営業をやめたいと感じる理由の代表格をまとめておきました。
まずは自分が飛び込み営業をキツいと感じる理由を確認してくださいね。

 


●飛び込み営業がツラいと感じる理由

  • 成績が取れず、毎週の業務報告が憂うつ
  • 上司からの罵声や暴力などのプレッシャーがすごい
  • 飛び込み営業より効率の良いやり方があるため必要性を感じない
  • 断られると、人格を否定されているようでへこんでしまう
  • 不要なものを売り込んでいると感じ、罪悪感に見舞われる
  • 飛び込み営業に恐怖心があり、インターホンを押せない
  • 営業のコツを学ぶけれど、結局訪問先にいくと体が動かない

 

さて、あなたは上記の項目のうち、いくつ当てはまりましたか?

例えば、もしあなたが「上司からの罵声や暴力などのプレッシャーがすごい」などの理由で、飛び込み営業を辞めたいと感じているのであれば、今すぐに転職を視野に入れた方がいいでしょう。
なぜなら、あなたが受けているのは上司によるパワハラ・暴力であり、あなた自身で解決のしようがないからです。

しかし、もしあなたが「断られると、人格を否定されているようでへこんでしまう」という理由で、飛び込み営業を辞めたいと考えているのであれば、まだ辞めるのは早いかもしれません。
なぜなら、飛び込み営業をするにあたって感じている不安や恐怖感は、ちょっとした工夫で取り除くことが可能だからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

次の章では、そんな、飛び込み営業をするにあたって抱えてしまう「ネガティブ思考の原因」を取り除く方法をお伝えします。

飛び込み営業をポジティブに捉える!断られたときの思考の切り替え方法とは?

飛び込み営業をするにあたって抱えてしまう、ネガティブな思考は、”モノの見方”を変えるだけで、劇的に改善することができます。

この章では、そんなネガティブ思考を改善するためのモノの見方をお伝えします。

 


●ネガティブ思考を改善するためのモノの見方

  1. 断られたときのことではなく、快諾してくれたときのことを考える
  2. 「断られる=今はそのサービスは必要ない」と捉える
  3. 「営業=お客さんの悩みを解決」だと心得る

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.断られたときのことではなく、快諾してくれたときのことを考える

飛び込み営業に対して、ポジティブになりたければ、断られたときのことではなく、快諾してくれたときのことを考えてみてください。

というのも、人が物事に対して、ネガティブになってしまうのは「失敗したときのこと」ばかりを考えているからです。

もちろん、飛び込み営業によって、提案が通ることは稀かもしれません。
ですが、もし提案が通ったとき、その準備ができていなければ、あなたはお客さんにとって満足のいく対応ができませんよね。

 

 りゅうのすけ(通常)

よって、「もし、営業が許されたら?もし、提案が通ったら?」と考えつつ、準備をするとよいでしょう。

2.「断られる=今はそのサービスは必要ない」と捉える

飛び込み営業に対して、ポジティブになりたければ、「断られる=今はそのサービスは必要ない」と捉えるようにしてみてください。

というのも、飛び込み営業に対してネガティブな感情を持っている人は、無意識に「断られる=人格を否定される」と思い込んでいるからです。

一般的に、法人・個人問わず、営業の提案を断る理由は、今はそのサービス必要性を感じないからです。
例えば、あなたがあるとき満腹だったとして、どんなに美味しい食事に誘われても断りますよね。

 

 りゅうのすけ(通常)

よって、営業が断られたのであれば、「今はこの会社には必要ないから、提案が通らなくて仕方ない」と捉えるとよいでしょう。

3.「営業=お客さんの悩みを解決」だと心得る

飛び込み営業に対して、ポジティブになりたければ、「営業=お客さんの悩み解決」だと心得るようにして下さい。
というのも、飛び込み営業をに対して、ネガティブな感情を抱えている方は、「営業=お客さんにいらないものを売りつける」と捉えているからです。

ですが、本当によい商品を取り扱っており、その商品を購入することによってお客さんの悩み・課題が解決されるのであれば、あなたの行う営業は正しい行為ですよね。
よって、「営業とはお客さんの悩み解決」だと捉えるべきなのです。

ちなみに、自分が取り扱っている商品が、どうしてもお客さんに勧められないものだとしたら、今すぐにその会社は辞めたほうがよいでしょう。
なぜなら、仮にあなたに営業力があり、その商品を売ることができたとしても、その商品を手に入れたお客さんは不幸になってしまうからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

あくまでも、お客さんにとって価値のある商品を販売するのが、飛び込み営業の仕事です。


 

ここまで、飛び込み営業に対する考え方の切り替え方法をお伝えしてきました。
ですが、中には、どうしても飛び込み営業に対する不安や恐怖心を拭えない方もいるはずです・・・。

そのような方にオススメなのが、平均年収が高い業界の営業への転職。
「え〜・・・。また営業・・・?」と思われるかもしれませんが、別の業界の営業に転職することで、あなたは大きなメリットを得ることができるんです・・・!

 

 りゅうのすけ(通常)

次の章では、そんな「平均年収が高い業界の営業への転職をオススメする理由」について解説いたします。

飛び込み営業から転職するなら「平均年収が高い業界の営業職」がおすすめ!

もし、あなたが飛び込み営業に対して、うんざりしているのであれば、平均年収が高い業界の営業職に転職をオススメします。

というのも、平均年収が高い業界の営業職に転職をすることで、次のメリットがあるからです。

 


●平均年収が高い業界の営業職に転職をするメリット

  • 今よりも年収をアップさせることができる
  • 飛び込み営業がほとんどない
  • 即戦力として採用されやすい
  • これまでスキル・経験を活かすことができる

 

確かに、また営業となると、少し気落ちする部分もあるかもしれません。
ですが、平均年収が高い業界の転職であれば、強引な飛び込み営業もありませんし、営業経験を活かしつつ年収アップを実現することができます。

 

 りゅうのすけ(通常)

よって、平均年収が高い業界の営業職に転職がオススメなのです。


 

ちなみに、平均年収が高い業界(コンサル、IT、広告代理店)に転職するなら、「リクルートエージェント」というサービスがオススメです。

というのも、「リクルートエージェント」に無料登録することで、担当のコンサルタントがひとりひとりにつき、あなたに合った非公開求人を紹介してくれるからです。

実際に、僕も以前、転職をするときにリクルートエージェントを活用したのですが、担当の方が親身にサポートしてくれたおかげで、150万円以上年収をアップさせることができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

飛び込み営業から逃れるだけでなく、年収をアップさせたい方は、ぜひ「リクルートエージェント」を利用してくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら