突然ですが、あなたは会社からの転勤命令を拒否しようと考えていませんか?

いきなりの転勤命令って、心の準備が出来ていないため焦ってしまいますよね・・・。
今いる環境の居心地が良ければ、なおさら転勤したくないと思うはずです。

ですが、だからと言って、なりふり構わずに転勤拒否をするのはオススメできません。
なぜなら、転勤拒否は特別な事情がない場合、減給や懲戒解雇の対象になるからです。

とくに、懲戒解雇で退職した場合、次の就職先を見つける際に不利になってしまいます・・・。

ただ、あなたに知っておいてほしいのは、転勤命令も条件によっては拒否できるということ。
条件に当てはまれば、転勤を拒否しても会社から懲罰を受けることもないんですよ。

今回の記事では、そんな転勤を拒否できる条件や、転勤を受け入れたあとの切り替え方をお伝えします。
ぜひ、この記事をキッカケに今後の働き方を見直してくださいね。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

転勤命令は拒否できる?「勤務地の限定」や「育児・介護」などの理由があれば転勤を断ることができる!

通常、企業側からの転勤命令を拒否することはできません。
なぜなら、大半の会社では、就業規則の中で「配置転換や転勤を命ずる場合がある」と定めているからです。

もし、就業規則にて転勤があるということが定められているのに、転勤を拒否した場合は、減給や懲戒解雇されるでしょう・・・。

ただ、そんな転勤・異動の命令ですが、中には“ある条件”を満たした場合のみ、拒否できることがあるんです。
その条件が次のふたつ。

 


●転勤命令の拒否が認められる条件

  1. 雇用契約書で勤務地の限定がされている場合
  2. 育児や介護などの事情がある場合

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします。

1.雇用契約書で勤務地の限定がされている場合

現職に入社するときに交わした「雇用契約書」にて、勤務地を限定する記載がある場合、転勤を拒否することができます。
というのも、雇用契約書の中で勤務地の限定がなされている場合、他の地域で働かせることは、業務違反となるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

雇用契約書を一度確認し、地域の限定がないかを確認してみてくださいね。

2.育児や介護などの事情がある場合

育児や介護など、特別な事情がある場合、転勤を拒否することができます。

ただし、企業によっては、育児の負担を軽減するための託児所を設けたり、介護に必要な費用を手出ししてくれるところもあります。

 

りゅうのすけ(困り)

もし、そのようなサポートを受けられる場合、育児や介護を理由に、転勤を拒否することはできないでしょう。

 


 

他にも、転勤を拒否できるケースとして、「企業による報復人事」などが挙げられます。
報復人事とは、上司が気にくわない社員に対して、不当な嫌がらせとして、転勤を命ずることを指します。

 

 りゅうのすけ(通常)

ただし、報復人事をされたとしても、企業側は「社員のスキルアップのため」などの言い逃れができるため、ほとんど適用されることはありません。

転勤命令を拒否できない!そんなときは転勤のメリットを知って頭を切り替えよう!

さて、ここまで転勤拒否が可能かどうかをお伝えしました。
ただ、この記事を読んでいる方の中には、転勤をするしかない方もいるはずです。
もしかしたら、住みなれた地元を離れることに、ショックを受けているかもしれませんね・・・。

ですが実は、転勤をすることによって、次のようなメリットもあるんですよ!

 


●転勤をするメリット

  • キャリアアップにつながる
  • スキルアップにつながる
  • 人脈を構築できる
  • 会社のお金で引っ越せる

 

りゅうのすけ(笑顔)

「住めば都」という言葉があるように、転勤先の土地も住んでみると、実は今よりも住みやすい場所かもしれません。
「転勤イヤだなあ・・・。」と思う気持ちはよく分かりますが、転勤を前向きに捉える努力もしてみてくださいね。

どうしても転勤がイヤなら「転勤のない職場」への転職を視野に入れよう!

さて、ここまで転勤のメリットをお伝えしてきました。
ですが、頑張って転勤を前向きに捉えようと思っても、「どうしてもイヤだ・・・!」という方もいるでしょう。

そんなあなたは、ぜひ転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

確かに、現在の職場はあなたにとって理想的な職場かもしれません。
ですが、イヤイヤ転勤してしまえば、転勤先で高いモチベーションを持って働くこともできませんよね。

まずは転職サービスなどに登録し、転勤のない求人を探してみるのも良いでしょう。

ちなみに、転職サービスの中でオススメは「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときにも活用させてもらったのですが、ひとりひとりに担当のコンサルタントがつき、転職ノウハウを教えてくれたので、転勤のない職場へ転職できました。

 

 りゅうのすけ(通常)

「リクルートエージェント」は、業界最大手のサービスでもあるので、必ずあなたにとって理想的な転職先を見つけることができますよ。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら