突然ですが、あなたは転職活動に当てられる時間がなく困っていませんか?
在職中の方の転職活動って、休日や余暇が少ないため、活動するための時間が確保しにくいですよね。
時間が取れないことで、転職希望先の企業から「転職意欲が低い!」と思われるんじゃないかと心配してしまいます。

ですが、忙しいからと言って、会社を辞めてから転職活動するのはリスクが高いんですよ!
というのも、通常、転職活動で次の内定をもらえるまで、3ヶ月ほどの時間がかかるからです。
もし、現職を辞めてから転職活動をすると、収入が途絶えてしまう恐怖に襲われることになります。

とはいえ、転職をするための活動時間がなければ、満足のいく転職先も見つけることができませんよね。
そこで、今回の記事では仕事が忙しくても、在職中のまま次の会社の内定をもらう転職術をお伝えします。
この転職術を知っておくことで、忙しくても効率よく、条件の良い求人を見つけることができますよ。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

退職後に転職活動をするのはリスクが高い!忙しくても在職中に内定をもらおう!

転職活動をしようと思っても、仕事が忙しくて時間がないと、「いっそのこと仕事を辞めてしまおうかな・・・。」と考えてしまいますよね。
ですが、転職活動の時間を確保できないことを理由に、会社を辞めてしまうのはオススメしません。

なぜなら、会社を辞めてしまうことによって、退路が断たれてしまうからです。

例えば、現職を辞めてから転職活動をすると、収入や仕事のアテがないため、焦りが生まれてしまいますよね。
その結果、なかなか転職の際の面接で自分の気持ちを伝えられなかったり、最悪の場合、応募先の企業に足元を見られてしまい、悪い条件で転職をしてしまうことも考えられます。

 

 りゅうのすけ(通常)

確かに、今の会社の仕事は大変で、時間も確保できないかもしれません。
ですが、今後起こりうるリスクを考えると、会社を辞めずに、休日や有給休暇を使って転職活動をする方が良いのです。

在職中に転職活動を行うメリットは自分の市場価値を維持できること

ここまで、退職後に転職活動をするリスクをお伝えしました。
ただ、今の仕事をしながら転職活動をするのは時間的にも厳しいですよね・・・。

しかし、多少無理をしてでも転職活動は在職中に行なうのがオススメです。
というのも、在職中に転職活動をするべき理由には、リスクだけでなく、今後のキャリアにプラスになるというメリットもあるからなんです。

例えば、退職後に転職活動をしようと思うと、一定期間のブランクが生じますよね。
厚生労働省の調査」によると、離職してから転職先が決まるまでに、2ヶ月以上の期間がかかっている人は、全体の30.5%もいます。

このように、退職後に一定期間のブランクが空いてしまうと、仕事の勘やスキルが低下することもあります。
求人を出している企業の中には、ブランクがあることを理由に採用を拒むケースもあるほど・・・。

よって、転職活動を行なうのであれば、忙しくても在職中に行うべきなのです。

 

 りゅうのすけ(通常)

ただ、休暇も少なく有給休暇も取りにくい環境だと、時間の確保ができず、満足のいく転職活動ができませんよね。
そこで次の章では、忙しくて時間がないあなたのための転職術をお伝えします。

現職が忙しくて時間がない!そんな時は転職エージェントで専門家の力を借りよう!

仕事が大変忙しく、転職活動に充てられる時間がない場合、次の手順で転職活動を行なっていきましょう。

 


●仕事が忙しい時の転職術

  1. 転職活動が長期戦になることを理解しておく
  2. 平日のうちに転職サイトを使って求人を調べておく
  3. 土日対応可能な転職エージェントを利用する

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.転職活動が長期戦になることを理解しておく

仕事が忙しく、転職活動の時間が限られている場合、長期戦になることを理解しておきましょう。
というのも、転職活動は時間が確保できなければ、転職先が決まるまでに半年かかることもあるからです。

例えば、離職した状態で転職活動をする場合、3ヶ月以上かかることがほとんどです。
在職中の方ならなおさら転職にかけられる時間もありません。
いち早く転職先を見つけたい気持ちはわかりますが、あまり焦らずに長期戦になることを理解しておきましょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、少しでも早く次の会社からの内定をもらいたいのであれば、「転職のための準備にかかる期間やスケジュールの立て方まとめ」という記事をお読みください。
転職活動を効率化するための準備の方法を解説しています。

2.平日のうちに転職サイトを使って求人を調べておく

仕事が忙しく、転職活動の時間が限られている場合、平日のうちに転職サイトを使って求人を調べておくのがオススメです。
というのも、平日のうちに目ぼしい求人を見つけておけば、休日の転職活動を効率化できるからです。

特に、「リクナビNEXT」などの取り扱い求人数が多い転職サイトに登録しておくことで、目ぼしい求人を見つけることができます。

ぜひ、お早めに「リクナビNEXT」に登録しておいてくださいね。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、在職中に転職活動をするとなると、気になるのが現職への身バレですよね。
転職サイトに登録して、身バレをすることはありませんが、不安な方は「転職サイトに登録すると勤め先に身バレする?転職サイトを利用するときの注意点」という記事も読んでおいてくださいね。

3.土日対応可能な転職エージェントを利用する

仕事が忙しく、転職活動の時間が限られている場合、土日対応可能な「転職エージェント」を利用しましょう。
転職エージェントとは、無料登録することで担当のコンサルタントがつく転職サービスのこと。

転職エージェントを利用することで、次のようなサポートが受けられます。

 


●転職エージェントで受けられるサポート

  • 今後のキャリアプランの相談ができる
  • 世の中に出回っていない非公開求人を紹介してもらえる
  • 職務経歴書の書き方や面接の指導をしてもらえる
  • 内定後の給与の交渉をしてもらえる
  • 企業との面接日程を調整してもらえる

 

ただ、転職エージェントも平日のみ対応してもらえるところと、土日祝日もサポートを受けられるところがあります。
現職の仕事が忙しく、転職活動にかけられる時間がないのであれば、「土日対応してもらえる転職エージェント」に登録しておきましょう。

 


 

ちなみに、土日対応してもらえる転職エージェントの代表格は、「リクルートエージェント」です。

以前僕が転職活動をするときにも利用したのですが、忙しくて時間がないにも関わらず、年収175万円アップの転職を成功させることができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

忙しくて時間がない人ほど、「リクルートエージェント」のコンサルタントの力を借りて効率よく転職活動を進めていってくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら