突然ですが、あなたは、お金がなく転職活動を進められずに困っていませんか?

貯金がなく、いつまで経っても転職先もなかなか決まらないと、不安に押しつぶされそうになるのではないでしょうか・・・。
税金や年金の支払いをするのが精一杯という方もいるはずです。

そんなあなたにこれから実践して欲しいことがあります。
それは、「出費を抑え、お金が入って来る経路を作る」ということ。
というのも、収支のコントロールができれば、お金がなくなる恐怖が和らぎ、自信を持って転職活動に専念できるからです。

今回の記事では、転職活動中にお金がないときの収入経路の作り方をお伝えします。
この記事を参考に、自分が今すべきことを見直せると幸いです。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

理想は在職中に転職活動をすませること!その理由は金銭面だけではない!

あなたはすでに会社を辞めてしまっていますか・・・?
それとも、まだ在職中ですか?

もし、あなたがまだ在職中なのであれば、在職中のまま転職活動を進めるようにしてください。

というのも、いまの会社を辞めてから転職活動を始めると、仮に転職先が決まらなかったときに、収入源がなくお金に困ることになってしまうからです。

また、お金に困るだけでなく、離職期間が長くなると、企業の採用担当者からは”ブランク期間がある”と評価されてしまいます。
その結果、書類選考や面接において評価が下がり、さらに内定をもらうためのハードルが高くなってしまうのです・・・。

 

 りゅうのすけ(通常)

ただし、在職中のまま転職活動をしようと思うと、仕事が忙しく、時間が確保できないという方もいるでしょう。
そのような方は、ぜひ「仕事が忙しくて転職活動ができない!在職中のときに試したい転職術とは?」という記事をお読みください。
在職中のままでも転職を成功させるノウハウを知ることができますよ!

転職活動中は「15万円 /月」かかる!出費をできる限り抑えよう

会社を辞めた状態で転職活動をする場合、貯金額が少なければ「あと、どれくらいもつんだろう・・・。」と不安になってしまいますよね。

そこでオススメなのが、今後の転職活動期間において、どのくらい費用がかかるのかを把握しておくということ。
そうすることで、足りない分は補填したり、出費を抑える工夫をすることも可能です。

まずは、以下の「出費一覧」を確認しておきましょう。

 


●転職活動中にかかる費用一覧

  • 生活費(約10万円 / 月)
    家賃、光熱費、通信費(スマホ・ネット)、食費
  • 転職活動費(約1万円〜3万円 / 月)
    写真代、交通費、衣料品費(スーツ・シャツ・靴)
  • 税金・保険(約2万円 / 月)
    社会保険、国民年金など

 

さて、転職活動期間の出費が分かったら実践して欲しいことがあります。
それは、上記の「出費をできる限り削る」ということ。

例えば、光熱費や食費、交通費などは、頑張り次第でいくらか削ることができますよね。
できる限り出費を抑えることで、お金が底を突くまでの速度を抑えることが出来ます。

 

 りゅうのすけ(通常)

転職活動は3ヶ月以上の長期戦になることもしばしば。
よって、長期間お金がもつよう、出費をコントロールする必要があるのです。

貯金が底をつきそう!転職活動中の収入経路の作り方3つと注意点

転職活動を長期間していると、できる限り出費を抑えていても「もうお金がない・・・。」と、焦ってしまうこともありますよね。
以前、僕もそのような時期があったのでよく分かります。

この章ではそんな、お金がないときに試して欲しい「資金調達の方法」をお伝えします。

 


●転職活動しようにもお金がないときの資金調達法

  1. 失業保険の給付申請を検討する
  2. 日雇いのアルバイトをや派遣の仕事を始める
  3. 親に借りる

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.失業保険の給付申請を検討する

ところであなたは、「失業保険」という給付を知っていますか?
失業保険とは、会社を退職してから、次の就職先が決まるまでの間に給付されるお金のこと。
会社を離職している状態であれば、ハローワークにて失業保険の申請をすることが出来ます。

以前、僕が転職活動をするときにも受給したのですが、月額およそ15万円を3ヶ月間もらうことが出来ました。

 

 りゅうのすけ(通常)

失業保険は受給資格を満たしている方であれば、誰でも受給することが出来ます。
まだ失業保険の受給申請を行っていないという方は、「失業保険を受給する条件や手続きの流れ」という記事も読んでおいてくださいね。

2.日雇いのアルバイトをや派遣の仕事を始める

転職活動の最中にお金に困ったのであれば、日雇いのアルバイトや派遣の仕事を始めるのもよいでしょう。
というのも、通常のアルバイトを始めてしまうと、すぐに転職が決まったときに「辞める」と言い出しづらくなるからです。

ですが、日雇いのバイトや派遣業であれば、その日ごとに仕事を選べるので、すぐに転職先が決まっても「辞めづらい」といったこともありません。
まずは日雇いバイトや派遣の仕事がないか、案件を探してみましょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、日雇いバイトは、必ずしも働いたその日にお金がもらえるわけではありません。
そのバイトでは、いつ給料がもらえるのかを把握してから働くようにしてくださいね。

3.親に借りる

最後にお伝えするのが、「親に借りる」という選択肢です。
というのも、親からの借金は、法外な利子がつくことも、しつこい電話がかかって来ることもないからです。

中には「親に心配かけたくない・・・。」という方もいるでしょう。
ですが、親に頼ることと迷惑をかけることは別物です。
親としては、自分を頼ってくれるのが我が子であれば、助けたいと思うもの。

 

 りゅうのすけ(通常)

どうしてもお金に困っているのであれば、頭を下げてお願いするのもよいのではないでしょうか。


 

ちなみに、お金がないときの選択肢として「消費者金融(アコムやアイフル)」を勧めている記事がありますが、僕は絶対にオススメしません。
なぜなら、アイフルやアコムでお金を借りることで、高額な利子に苦しめられるばかりか、「消費者金融からお金を借りた」という事実に、自分に対する自信もなくなってしまうからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

まずは、消費者金融以外の方法で、資金を調達する方法を考えてくださいね。

最短で転職先を決めるなら転職エージェントを利用しよう!

ここまで、転職活動中にお金がないときの対策をお伝えしてきました。
ですが、本心としては、早く転職先を決めてお金に対する苦労を払拭したいところですよね。

そんなあなたに使っていただきたいのが、「転職エージェント」です。

転職エージェントとは、無料登録することで担当のキャリアコンサルタントがつき、転職に関するサポートをしてもらえるサービスのこと。

転職エージェントに登録することで、次のようなメリットがあります。

 


●転職エージェントを利用するメリット

  • 今後のキャリアプランの相談ができる
  • 世の中に出回っていない非公開求人を紹介してもらえる
  • 評価される職務経歴書や面接の指導をしてもらえる
  • 内定後の給与の交渉をしてもらえる
  • 自分の現状の能力やスキルを客観的に分析してもらえる

 

お金がないからと言って、むやみに転職先を決めたくはありませんよね。
できれば、待遇も良く、働きやすい職場がよいはずです。

転職エージェントを利用することで、専門家の力を借りることができ、質の高い企業から最短で内定をもらうことができるのです。

 


 

ちなみに、転職エージェントの中で最もオススメなのが、「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときにも利用したのですが、担当の方の親切なサポートのおかげで、1ヶ月半という期間で175万円の年収アップ転職をすることが出来ました。

 

 りゅうのすけ(通常)

できるだけ早く内定をもらいたいという方は、すぐにでも「リクルートエージェント」を利用してくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら