突然ですが、あなたは「リクルートキャリア」への転職を考えていませんか?

福利厚生の制度や給与水準も高いと噂のリクルートキャリア。
ですが、リクルートキャリアって、大手で転職難易度が高そうなので、「自分なんかが通用するのかな・・・?」と不安になってしまいますよね。

そんなあなたに知っておいてほしいのは、リクルートキャリアは学歴がなくても、内定をもらえる可能性が高い企業だということ。
というのも、リクルートキャリアは能力や成果を評価する社風を持っているからなんです。

そのため、有名大学を卒業した人でも、リクルートキャリアの社風にそぐわない方は、書類選考で落とされている人もいるほど・・・。

では、リクルートキャリアに転職するために必要なこととは何なのでしょうか?
”その答え”を知っておけば、学歴がなくてもリクルートキャリアに入社できそうですよね。

そこで今回の記事では、リクルートキャリアに転職するメリットや、リクルートキャリアに転職を成功させるためのポイントをお伝えします。
この記事を参考に、リクルートキャリアへの転職に挑戦してみてくださいね。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

リクルートキャリアの概要|従業員の平均年齢や男女比率、平均年収まとめ

リクルートキャリアへ転職する際のポイントをお伝えする前に、ざっくりとリクルートキャリアがどんな企業なのかをお伝えしておきます。
リクルートキャリアの従業員情報の詳細は次の通りです。

 

リクルートキャリアの従業員情報
従業員数3,912名
平均年齢情報なし
(リクルート全体は35.1歳)
男女比率男性42.1%、女性57.9%
平均勤続年数男性5.8年、女性6.6年
平均年収およそ600万円(20代)

参照:有価証券報告書(株式会社リクルートホールディングス)

 

上記の通り、リクルートキャリアは男性よりも女性の方が多く、性別問わず働きやすい職場となっています。
また、平均年収は20代でおよそ600万円と、同年代に比べると高めの水準です。

 

 りゅうのすけ(通常)

収入アップをしながら、より働きやすい環境で仕事をしたいと考えているのであれば、ぜひリクルートキャリアへの転職を検討してみてくださいね。

リクルートキャリアは将来性がある大企業!やりがいを持って仕事に臨めるというメリットも!

リクルートキャリアで働く上で気になるのが、「企業の将来性や安定感」ですよね。
というのも、せっかくリクルートキャリアに転職しても、今後業績が下がっていくようでは、後悔することになってしまうからです・・・。

ですが、実はリクルートキャリアはAIの発達や少子高齢化が進む日本において、大変将来性のある企業のひとつなんですよ!
なぜなら、リクルートキャリアが運営している「リクルートエージェント」や「リクナビNEXT」はもちろんのこと、「サンカク(副業を斡旋するサービス)」など、常に時代の流れを汲んだサービスを展開しているからです。

そのため、常に同業他社の一歩先を行くリクルートキャリアは、大変将来性が高い企業だと言えるのです。

また、リクルートキャリアは正社員として働くことで、たくさんのメリットがある企業です。
この章では、リクルートキャリアで働くメリットをいくつかご紹介します。

 


●リクルートキャリアで働くメリット

  1. 責任ある仕事に取り組むことができる
  2. 自分の実力や成果に応じた固定給をもらえる
  3. 充実した福利厚生を受けることができる

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします。

1.責任ある仕事に取り組むことができる

リクルートキャリアで働くことで、責任ある仕事に取り組むことができます。
なぜなら、リクルートキャリアでは、業務に対して社員ひとりに与えられる裁量が大きいからです。

例えば、リクルートキャリアでは、目的達成のために上司に対しあらゆる手段を提案することができます。

 

 りゅうのすけ(通常)

自分軸でモノゴトを決断し、業務をより良いものにしたいと考えているのであれば、リクルートキャリアはうってつけの環境なのです。

2.自分の実力や成果に応じた固定給をもらえる

リクルートキャリアで働くことで、自分の実力や成果に応じた固定給をもらえます。
なぜなら、リクルートキャリアでは「ミッショングレード制」と呼ばれる制度が取り入れられているからです。

ミッショングレード制に関する詳細な説明は次の通り。

●ミッショングレード制とは?

RCA(リクルートキャリア)では、社員一人一人の職務の価値、職務の大きさ、および期待・役割によってグレードを区分。
グレードと評価によって報酬(給与・賞与)は決定され、このミッショングレードは半期毎に設定されています。

引用元:リクルートキャリアの制度、風土、人のこと

 りゅうのすけ(通常)

もし、自分の能力を伸ばし、それに見合った報酬をもらいたいと考えているのであれば、リクルートキャリアは最適な環境だと言えるでしょう。

3.充実した福利厚生を受けることができる

リクルートキャリアで働くことで、充実した福利厚生を受けることができます。
例えば、ざっと紹介するだけでも、リクルートキャリアでは次のような制度があります。

 


●リクルートキャリアのキャリア支援制度一覧

  • 自己申告制度
    直属の上司以外と、自分の将来やキャリアについて自由に相談できる制度。
  • iキャリア制度
    自主的に異動を応募できる制度。
    異動希望部署の担当者と面談を行ない、希望条件が合致すれば異動ができる。
  • VISION MISSION AWARD
    社内表彰制度のこと。
    自分が提案した事業が入賞すると、事業化への機会が与えられる。
  • 在宅勤務制度
    育児や介護などの事情がある従業員が、在宅で勤務できる制度。
  • アニバーサリー休暇
    年に1回、4営業日以上連続して有給休暇を取ると、6万円の手当が出る制度。
  • リフレッシュ休暇
    3年ごとに、5営業日連続の休暇を取得でき、24万円の手当が出る制度。
  • GOAL IN BONUS
    所属グループの目標達成率に応じて、最大10万円が支給される制度。

※ほか多数

 

 りゅうのすけ(通常)

やはり、一生懸命働いたとしても、なんらかの見返りがなければやる気は出ませんよね。
ですが、リクルートキャリアでは、上記のような制度があるため、やりがいを持って仕事に取り組むことができます。

リクルートキャリアへの転職が「難易度が高い!」と言われる理由は面接にあり!面接対策の方法を解説

ところで、あなたはリクルートキャリアの採用フローを知っていますか?
リクルートキャリアでは、内定をもらうまでに次のようなフローがあります。

 


●リクルートキャリアで採用されるまで

  • 書類選考
    応募者とリクルートキャリアにおける業務内容や社風とのマッチング
  • SPI試験
    日本語・数学の問題は通じた能力検査、性格や適性を見極める性格検査
  • 一次面接
    現場マネージャーによる面接(Web面接有り)
  • 二次面接
    役員クラスによる面接(東京本社にて、交通費支給あり)

 

このように、リクルートキャリアには、採用されるまでに4つのフローがあります。
その中でも難易度が高いのが「面接」です。

リクルートキャリアでは、面接において次のような視点で質問がなされます。

 


●リクルートキャリアの面接で重視されるポイント

  • 主体性や内省性、顧客視点をもって仕事をしてきたか
  • 自分の意思を持って仕事に取り組んできたか
  • 過去の経験から何を学んでいるか
  • 自分の頑張りのエネルギー源にはどんな想いがあるか
  • リクルートキャリアに応募した理由に一貫性や納得感はあるか

 

リクルートキャリアでは、俗に言う「面接における王道の質問」をされることはありません。
「それはなぜですか?」「具体的に教えてください」など、自分のことを深掘りされるような質問ばかりです。

そのため、もしリクルートキャリアから内定をもらいたければ、一般的な面接対策よりも、過去の自分を振り返り、自分の価値観やビジョンを言語化しておく必要があるでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

逆に言えば、「リクルートキャリアに入りたい・・・!」という明確な理由があれば、内定をもらえる可能性は高いと言えます。

リクルートキャリアへの転職をするなら「リクルートエージェント」を利用し、先輩のアドバイスに耳を傾けるべし!

ここまで、リクルートキャリアに転職をするメリットや、転職難易度をお伝えしました。
ですが、最終的に気になるのは「どうすれば転職できるのか?」ということですよね。

そんなあなたに実践してほしいのが、リクルートキャリアが運営する転職エージェント、「リクルートエージェント」を利用するということ。

というのも、リクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営するサービスということもあり、リクルートキャリアの求人情報が多数掲載されているからです。
また、リクルートエージェントに登録することで担当につくエージェントの方々は、いわゆる「リクルートキャリアの中の人」なので、リクルートキャリアに入社するためのノウハウをこの世で一番知っています。

すでにリクルートキャリアへの転職を成功させた方から、転職の際に意識すべきポイントを聞いておけば、内定をもらえうる可能性は高くなりますよね。

 

 りゅうのすけ(通常)

そのため、リクルートキャリアに転職したければ、リクルートエージェントに登録しておくのがベストだと言えるのです。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら