注目キーワード
  1. FX
  2. NISA
  3. 不動産投資
  4. 年金

公的年金:国民年金・厚生年金保険についてのまとめ

本日は公的年金における国民年金・厚生年金保険についてのまとめです。
なお、これは私的な勉強用のまとめノートとなるため、一般の方向けの解説用ではありませんのでご注意ください。

年金制度は公的年金と私的年金がある

年金制度には公的年金と呼ばれる強制加入のものと私的年金と呼ばれる任意加入のものがあります。

そして、公的年金は皆さんがご存じの通り、国民年金と厚生年金保険があります。

国民年金は20歳以上60歳未満の全ての人が加入、厚生年金保険は会社員、公務員などが加入します。

国民年金について

先ほど記載した通り、20歳以上60歳未満の人は国民年金に必ず加入しなければなりません。
強制加入被保険者と呼ばれます。

一方で、60歳以上の場合は加入は任意となりますが、任意に加入するケースでは任意加入被保険者と呼ばれます。

国民年金被保険者の種類

国民年金の被保険者は以下の3つに分かれます。

  1. 第1号被保険者
    国民年金
    対象:自営業者や学生の方、無職の方など。
    年齢:20歳以上60歳未満
  2. 第2号被保険者
    厚生年金保険
    対象:会社員や公務員
    年齢:要件は無く会社員なら加入する(老齢年金受給者は第2号被保険者の資格を失います)
    ※保険料は会社(事業主)と従業員とで折半
  3. 第3号被保険者
    第2号被保険者の配偶者(扶養されている)
    年齢:20歳以上60歳未満
    ※保険料の負担なし

なお、保険料を滞納すると2年以内の分しか支払うことができず、2年経過してしまうと時効となりますので注意が必要。

保険料の免除や猶予について

学生の頃に保険料猶予の申請をした方も多いかと思いますが、第1号被保険者は国民年金の保険料の免除・猶予があります。

障害基礎年金受給者や生活保護受給者は保険料が全額免除されます。
その他は経済的な理由で保険料納付が困難なケースでは申請することで全額免除、あるいは一部が免除されます。
※認められればです。
全額免除か四分の三免除、半分免除、四分の一免除の4段階あります。

その他、第1号被保険者で出産する人は、出産予定日の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。

そして、私も使いましたが、学生納付特例制度というものがあり、これを申請することで、第一号被保険者で本人の所得が基準以下の学生であれば、保険料の納付が猶予されます。
あくまで猶予となります。

その他、50歳未満の第1号被保険者において、本人もしくは配偶者の所得が一定以下であれば保険料の納付が猶予されます。

そして、この免除もしくは猶予を受けたケースにおいて、10年以内であれば追納が可能です。

そのため、もし保険料が支払えないというケースでは、猶予してもらうことで、本来2年しか時効がないけど10年まで払えるため、猶予を選択した方が良いと言えるでしょう。先々年金が受け取れるかという問題はありますが、多く年金がもらいたいのであれば払っておいた方が良いです。

老齢基礎年金年金の給付と受給資格期間について

受給資格期間とは文字通り老齢基礎年金を受け取るために必要な期間で、納付期間、免除期間、合算対象期間を合計した期間です。
※合算対象期間とは、受給資格期間には反映されるけど実際の年金の額には反映されない期間で、例えば昔の年金は強制ではなかったため、任意だった期間等を指します。

なお、年金額は780900円です。満額でです。