突然ですが、あなたは、自分の強みが分からずに困っていませんか?

転職の面接で絶対に聞かれる「自分の強み」
ですが、強みと言える経験がないと、どのように答えればいいか分かりませんよね。
また、自分の強みがよく分かっていなければ、自分に合った仕事に出会える可能性も低くなってしまいます・・・。

そんなあなたに試していただきたいのが、“弱みを強みに転換する”というもの。
というのも、強みと弱みや表裏一体であることが多いため、弱みを見つけることができれば、自分の強みを発掘できるからです。
自分の強みが見つかれば、自分がどんな職業に向いているのかが分かるため、適職に就くことも可能です。

このように、自分の強みを発掘するための方法は、いくつもあります。
そこで、今回の記事では、自己分析の重要性や自分の強みを発掘するための選択肢をお伝えします。
ぜひ、これからの転職活動を有利に進めるためにも、強みを発見してくださいね。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

転職面接に必要な「強み」とは?スキルや能力を仕事でどう活かすかを伝えよう

ところで、あなたは「強み」が何なのかを明確に理解していますか?

今回のような転職面接における「強み」とは、自分の持っているスキルや能力を仕事でどう活かし、どう優位性を作れるかということ。

例えば、次のような順序で強みは発掘されます。

 


●転職面接における強みの発掘手順

  1. 自分が他人に比べて優れている能力やスキルは何か?
    他人と比べてコミュニケーション能力が高く、初めての方ともすぐに打ち解けることができる。
  2. その能力やスキルは仕事のどんな場面で活かされるか?
    主に消費者との契約の場において、相手の懐に入ることができ、不安や緊張を払拭することができる。
  3. その結果、どんな成果や実績を残せるか(残せたか)?
    結果として、初回の商談で契約をいただくことが多く、タイムコストを大幅に削減することができ、契約数を増加させられた。

 

このように「強み」とは、「初めての人とでも滞りなく喋れる」「論理的思考能力が高い」と、単に能力やスキルをアピールすることではありません。

自分の能力やスキルを、仕事のどんな場面で、どう活かすのかをセットで伝えられると、採用担当者に対して「強み」としてアピールすることができるでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、自分の強みや特異性を見つけるのに役立つのが、客観的な視点で自分を分析するということ。
例えば、「グッドポイント診断」という無料診断を利用することで、自分の強みを客観的に把握することができます。

なぜ転職準備で自己分析が必要?その理由は適職と出会えるから!

ところで、あなたは転職活動において、自己分析が必要な理由を知っていますか?
転職活動において、自己分析が必要な理由は次の通りです。

 


●転職活動で自己分析が必要な理由

  1. 本当に転職をした方がよいか再確認できる
  2. 自分に合った職業と出会える
  3. 自信を持って面接に臨める

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.本当に転職をした方がよいか再確認できる

転職活動を始めるまえに、自己分析をしておくことで、本当に自分が転職をした方がよいか再確認することができます。
なぜなら、自己分析をすることで、自分が今後やりたいことや成し遂げたいことが明らかになるからです。

例えば、自己分析をした結果、「やっぱり今の職場にいた方がいいかも。」と思い、転職をやめるケースもあります。

 

 りゅうのすけ(通常)

自分が本当にやりたいことを確認することで、本当に転職をすべきなのか見直す機会にもなるでしょう。

2.自分に合った職業と出会える

転職活動を始めるまえに、自己分析をしておくことで、自分に合った職業と出会ことができます。

なぜなら、自己分析によって自分の強みや弱みが明らかになると、自分が就くべき職業・就くべきでない職業が明らかになるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

また、自分が知らなかった強みが明らかになると、今まで視野に入らなかった職業の魅力に気づくこともできます。
よって、転職活動の準備段階で自己分析に取り組んでおくのがよいでしょう。

3.自信を持って面接に臨める

転職活動を始めるまえに、自己分析をしておくことで、自信を持って面接に臨むことができます。

なぜなら、自己分析によって強みが分かっていると、自分が企業に対してアピールすべきポイントが明確になるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

転職における面接は、自分が企業にどんな貢献ができるのか、アピールするチャンスです。
自己分析をすることによって、そのアピールを充実させることができれば、自分の理想に合う企業に入社することができるでしょう。

自己分析で自分の強みを見つけよう!転職を有利に進める方法!

ここまで、転職活動における自己分析の重要性をお伝えしてきました。
とはいえ、「他人と比べて自分が優れている部分なんてないよ・・・。」と感じていると、どうすればいいのかを分かりませんよね。

そこでこの章では、少し変わった強みの発掘方法をお伝えします!

 


●自分の強みの見つけ方

  1. 過去の経験から棚卸しする
  2. 弱みを強みに転換する
  3. 自己分析ツールを活用する

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.過去の経験から棚卸しする

自分の強みを発掘するために、過去の経験を棚卸しし、深掘りしてみましょう。
例えば、僕の場合で言うと、次のようになります。

 


●大学時代にスポーツ指導を頑張ったという経験

  • なぜスポーツ指導を頑張ったのか?
    自分が高校生の時に加入していた部活に、専門の指導者がおらず、どのように練習をすればよいか分からなかったから。
    自分が指導者となり、同じように専門的な指導を受けられずに悩んでいる高校生をサポートしたいと思った。
  • どんなことをしたのか?
    平日の火曜〜金曜の夕方から部活動の指導を行なった。
    また、土日は高校生を連れて対外試合に行った。
  • どんな苦労があったか?
    自分自身が大学生ということで、高校生と年齢が近く、言うことを素直に聞いてもらえなかった。
    自分の力のなさを痛感した。
  • 苦労をどのように乗り越えた?
    それまで、高校生に指導をする際、全員に同じような接し方をしていた。
    ですが、ひとりひとり性格が違うので、同じことを言っても、素直に聞く選手と反発する選手がいた。
    よって、ひとりひとりの性格に合った指導や声かけをするよう意識することで、みんなが自分の指導に耳を傾けてくれるようになった。
  • その苦労を乗り越える経験を通じて何を学んだ?
    どんなに正しいことを言っていても、受け取る人によっては反発されることがある。
    ただ、だからと言って諦めるのではなく、「その人に受け入れてもらうにはどうすればいいのか?」と常に試行錯誤を重ねることの重要性を学んだ。
  • 学んだことをどのように活かした?
    現職では、メディアの編集長を行なっている。
    その中で、メディアの記事ライターやデザイナーの方に、言いづらいフィードバックをする場面がある。
    例えば、「もっとこうしてほしい」と言う意見があるが、そのライターの性格に合わせた言い方をすることで、気持ちよく作業をしてもらうことができており、結果的に、メディアが大きく成長している。

 

このように、過去の経験を棚卸しすることで、自分が忘れていた強みを再発見することができます。
上記の例で言うと、「諦めずに向き合える」「上手くいかない時に試行錯誤できる」などがそうですね。

 

 りゅうのすけ(通常)

あなたもぜひ、身近な経験で構いませんので、過去の経験を深掘りしてみてくださいね。

2.弱みを強みに転換する

自分の強みを見つけられないという方の中には、「自分の弱みにばかり目がいってしまう」という方も多いはず。
そんなあなたにオススメしたのが、”弱みを強みに転換させる”ということ。

実は、弱みと強みは表裏一体であることが多いため、弱みが多い人は、たくさんの強みも持っているんです。
例えば、弱みを強みに転換させる事例として、次のようなものがあります。

 


●弱みを強みに転換させる事例

  • 優柔不断
    →最後の最後まで吟味して決断している
  • 部活で3年間補欠だった
    →結果が出なくてもモチベーションを下げずに粘れる
  • チームワークを乱してしまう
    →チームがよりよい方向へ進めるよう議論できる

 

 りゅうのすけ(通常)

このように、一見弱みのように思える事柄も、捉え方を変えるだけで強みになります。
「自分には弱みしかありません・・・。」という人ほど、弱みから強みを発掘してみてくださいね。

3.自己分析ツールを活用する

ここまで、いくつか自己分析をする方法をお伝えしました。
ですが、中には分析をすることに難しさを感じている方もいるでしょう。

そこでオススメなのが、「自己分析ツール」に頼るということ。
例えば、最も有名なものとして、大手転職サイトのリクナビNEXTさんが無料で提供している「グッドポイント診断」があります。

グッドポイント診断では、200以上の質問に答えることで、自分の強みや弱みだけでなく、適職まで分かってしまいます。

 

 りゅうのすけ(通常)

もし、客観的に自分の強みを分析したいのであれば、「グッドポイント診断」を試してみてくださいね。

自己分析が苦手なら転職エージェントでコンサルタントに客観的なアドバイスをもらおう!

これから自己分析を始めるなら、「転職エージェント」に登録するのもオススメです。
転職エージェントとは、無料登録することで、ひとりひとりに担当のコンサルタントがつき、転職のサポートをしてくれるサービスのこと。

転職エージェントのコンサルタントの方は、あなたの強みを分析するだけでなく、その強みをどのように面接で活かすのかまで教えてくれます。

また、転職エージェントでは、一般には出回っていない「非公開求人」も紹介してもらえるので、これから本格的に転職活動を始める方には、ぜひ登録しておいてもらいたいです。

 


 

ちなみに転職エージェントのおすすめは、「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときにも利用したのですが、担当のコンサルタントの方が親切にサポートをしてくれたおかげで、自分に合う職種に転職することができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

これから本格的に転職活動をしていくなら、ぜひ「リクルートエージェント」に登録してくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら