突然ですが、あなたは、自分が書いた記事が上位表示されずに焦っていませんか・・・?
自分としては最高の記事を書いたつもりなのに、成果が出ないと「アフィリエイト辞めようかな・・・。」なんて、ネガティブになってしまいますよね。

そんなあなたにこそ知っていただきたいのが「検索意図」
検索意図とは、検索ユーザーがそのキーワードで検索した理由や、そのときの心情のこと。

Googleはこの検索意図を満たした記事を上位表示させようとしているため、検索意図を記事に反映させられれば、あなたが書く記事は、格段に上位表示しやすくなるんです・・・!

とはいえ、「検索意図なんて、どうやって調べるの・・・?」という疑問が出るのも分かります。
そこで、今回の記事では、”検索意図の調べ方や検索意図を記事に反映する方法”をお伝えします。

特に、僕が普段、SEOライターさんと行なっている「検索意図を明確にするためのやり取り」もご紹介するので、必ず役に立ちますよ。

それではまいりましょう!

検索意図とは検索ユーザーの検索理由や心情のこと!

ところであなたは、検索意図と聞くと、どのようなものだと認識していますか?
もしかすると、次のように分析しているかもしれませんね。

 


●一般的な検索意図の事例

  • 「YouTube ダウンロード」
    YouTubeの動画をダウンロードしたい。
  • 「ワイン 自作」
    ワインは自分の家でも作れるか知りたい。ワインを自作する方法を知りたい。
  • 「加圧シャツ」
    自分に合う加圧シャツを知りたい。オススメの加圧シャツを知りたい。
  • 「Yahoo!ショッピング」
    Yahoo!ショッピングのページにアクセスしたい。

 

確かに、上記のような検索意図が分かれば、ある程度、書いた記事を上位表示させられるかもしれませんね。

ですが僕は、これからの検索エンジンで記事を上位表示させるためには、上記のような分析だけでは物足りないと考えています。
なぜなら、上記のような分析だけでは、本当に検索ユーザーが欲しがっている情報を見つけられないからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

とはいえ、なぜ上記の分析だけでは不十分なのかピンと来ませんよね。
そこで、普段僕が外注のSEOライターさんと記事を作っていくときを例に、詳しく解説いたします。

「整体師 辞めたい」というキーワードでライターさんに記事の執筆をお願いしたときのやりとり

【この章の内容】

この章では、僕がお世話になっているSEOライターさんに「整体師 辞めたい」というキーワードで新規記事を発注した時のやりとりをまとめています。
実際に書いた記事はこちら。

>>整体師を辞めるか悩んでいる人必見!辞めたい理由を整理して解決策を見つける方法

 


 

ライターさん

りゅうのすけさん、こんにちは!
今回の記事ですが、少し自信がなかったのでリサーチ内容のマインドマップを確認してもらっていいですか・・・?

りゅうのすけ

はい、ぜひ確認させてください!
ちなみに、どの辺に自信がなかったのでしょう?

ライターさん

既存の上位ページの大半には、「整体師をやめて前向きに別のことをしている人の記事」が上位にあがっていますが、検索ユーザーは本気でやめたいわけではないのでは?と推測しました。

りゅうのすけ

なるほどなるほど。
そう思ったのはどうしてですか?

ライターさん

なぜかというと、本気で整体師をやめるつもりであれば、検索なんてしないと思ったからです。
どちらかと言うと、本気で辞めたいなら、もう転職先を探しているんじゃないかと。

りゅうのすけ

確かに。

ライターさん

それから、Yahoo!知恵袋で「整体師 辞めたい」と検索すると、人間関係や業務形態に不満を抱いている人が多くいました。

りゅうのすけ

Yahoo!知恵袋にも、そういう悩み投稿があったんですね。

ライターさん

はい。
なので、検索ユーザーは今の職場の現状に疲れてしまい、辞めたいと感じているだけで、整体師から離れたいというわけではないのかなという推測になりました。

りゅうのすけ

ありがとうございます。
それでは、一度マインドマップを確認させていただきますね!

 



 

りゅうのすけ

マインドマップ確認させていただきました!
僕も「検索ユーザーは本気でやめたいわけではないのでは?」という意見に大賛成です。

ライターさん

おぉ、よかったです〜。

りゅうのすけ

はい。
というのも、僕自身も最近「会社 辞めたい」というキーワードで記事のリサーチをしていて、「このキーワードで検索する人って、本気で辞めようとは思ってないよな?」と思ったからです。

ライターさん

やっぱりそうですよね・・・!

りゅうのすけ

ですです!
ただ、そうは言っても、現状を自分の力で変えられない方には、マインドマップの記載にあるように転職も視野に入れると良いかなと思います。
(身につけたスキルを手放すのは勿体無いので、できれば整体師に転職)

ライターさん

確かに、スキルが無駄になっちゃいますからね。

りゅうのすけ

はい。
それで、僕個人的にまとめると、こんな感じですね!

 


●検索意図をもとにした記事のストーリー

  1. 整体師を辞めたいという弱音を吐いている方に寄り添い共感する
  2. 現職における職場環境や人間関係、仕事のやりがいを見なおす
  3. それでもダメなら転職を視野に入れる
  4. ただしせっかく身につけたスキルがあるので、同業種(整体師)に転職する

 

ライターさん

りゅうのすけさん、ありがとうございます。
私の頭の中でまとまりきっていなかったのが、スッキリしました!

りゅうのすけ

それは良かったです。
いま読み手の方は、色んな不安で冷静な判断が出来なくなっているので、まず落ち着いて現状を分析するのがいいでしょうね。

ライターさん

ですね。
特に、上位表示されているものにはすべて、「整体師ってこういうところが辛いですね…」という実話が多かったので、ユーザーは、悩んでいる気持ちに共感してほしいんだろうなと感じでいました。

りゅうのすけ

僕もそのように思いますね。

ライターさん

あまり色々な情報を盛り込まずに記事自体を簡潔にさせて、ユーザーの頭も整理できるようにした方がよさそうですね!
このままインプットをすすめていきます。

りゅうのすけ

はい、引き続きよろしくお願いします。


 

さて、ここまでお読みいただき、あなたが普段記事を書くときのリサーチとの違いはありましたか?

もしかすると、「うわぁ、こんなにリサーチするなんて、私には無理だな・・・。」と感じたかもしれませんね。
ですが、ご安心ください。

先ほど出て来たライターさんも、1年前までは普通の記事を書いたこともない、一般的な主婦でした。
しかし、次の章でお伝えする「検索意図のリサーチ方法」を知ったことで、ユーザーの的を得た記事をかけるようになったんです。

確かに、検索意図のリサーチを身につけるまでには少し時間がかかるかもしれません。
しかし、一度コツを掴んでしまえば、検索ユーザーの心が透けて見えるようになりますよ。

 

 りゅうのすけ(通常)

次の章からは、検索ユーザーの検索意図をリサーチする方法をお伝えします。

検索意図の調べ方は簡単!すでに上位表示されているページをチェックするだけ!

検索意図のリサーチ方法は次の通りです。

 


●検索意図のリサーチ方法

  1. 狙うキーワードで検索し、上位ページに掲載されている情報をメモる
  2. なぜその情報が載っているページが評価されるのかを分析する

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.狙っているキーワードで検索し、上位ページに掲載されている情報をメモる

最初にやることは、すでにそのキーワードで上位表示されている記事をチェックし、掲載されている情報をピックアップするということです。
というのも、現在上位表示されている記事というのは、Googleが「これ、検索意図を満たしてますよ・・・!」と評価しているものだからです。

例えば、今回のお伝えしている「整体師 辞めたい」であれば、上位のページには次のような情報が掲載されています。

 


●「整体師 辞めたい」で上位のページに載っている情報

  • 整体師を辞めた人の体験談
  • 整体師の仕事をしていて大変なこと(辞めたい理由)
  • 整体師の仕事に将来性があるかどうか
  • 整体師(同業種)への転職を促す情報

 

ここで大切なのは、「記事をくまなく読まない」ということ。
というのも、ここで知りたいのは、あくまでも「上位のページに載っている情報」であり、文章ではないからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

とりあえず、見出し、または目次だけ見て、どんな情報が載っているのかをメモしておきましょう。

2.なぜその情報が載っているページが評価されるのかを分析する

続いて行うのが、先ほどピックアップした情報がなぜ必要とされているかを分析する作業です。
というのも、先ほどピックアップした情報が必要とされる理由を分析することで、検索ユーザーの深層心理が明らかになるからです。

「整体師 辞めたい」で上位のページに載っている情報が必要とされる理由を分析すると、このようになります。

 


●ピックアップした情報が必要とされる理由の分析結果

  • 「整体師を辞めた人の体験談」が載っている理由
    ユーザーは他の人がどうしているのか知りたい、自分と同じ境遇の人を見つけて安心・共感し合いたい
  • 「整体師を辞めたいと感じる理由」が載っている理由
    ユーザーは自分が辞めたいと思う理由に共感して欲しい、辞めたいと思う理由を再確認する
  • 「整体師の仕事に将来性があるかどうか」が載っている理由
    ユーザーはこのまま整体師を続ける(続けない)理由が欲しい
  • 「整体師(同業種)への転職を促す情報」が載っている理由
    ユーザーは整体師を辞めたいわけではなく今の職場を辞めたい、せっかく身につけたスキルがもったいない

 

また、分析が思うように行かなければ、「Yahoo!知恵袋」などを使い、同様のキーワードで調べてみましょう。
検索ユーザーに近い層の人たちが、どのような悩みを抱えているのかを把握することができますよ!

 

 りゅうのすけ(通常)

ここまで分析ができましたら、続いて、検索意図を記事に反映してまいりましょう!

リサーチした検索意図を記事に反映する方法!必要な情報を時系列でまとめよう!

リサーチが終わったら、次の行なうのが、ユーザーが欲しがる情報を時系列で並べるということ。

例えば、先ほどの分析を時系列で並べると、次のようになりますよね。

 


●検索意図をもとにした記事のストーリー

  1. 整体師を辞めたいという弱音を吐いている方に寄り添い共感する
  2. 現職における職場環境や人間関係、仕事のやりがいを見なおしてもらう
  3. それでもダメなら転職を視野に入れる
  4. ただしせっかく身につけたスキルがあるので、同業種(整体師)への転職を優先する

 

このように、分析したものをストーリー調にすることで、記事の流れや見出しの文言も決まりますよね。

 


 

ここまで、検索意図の具体例や、検索意図の調べ方をお伝えしてきました。
これだけ詳しくSEOについて語っている僕ですが、僕がSEOで成果を出せるようになったのは、”とあるWordPressテーマとの出会い”がキッカケだったんです。

そのWordPressテーマとは、当サイトや「鬼のいる治療院」でも活用している賢威です。

もちろん、賢威を使っているから上位表示できるようになったというわけではありません。

僕がSEOで成果を出せるようになったのは、賢威に特典としてついている「SEOマニュアル」と「コンテンツ制作マニュアル」なんですね。

この2つのマニュアル、検索エンジンで上位表示をさせるための具体的なやり方だけでなく、被リンクを集める方法など、SEOに必要なノウハウが合計300ページも記載されています。

賢威は、WordPressテーマという括りで見ると、24,800円と少し値段が高いかもしれません。

ですが、付属しているSEOマニュアル自体には、10万円以上の価値があると思っています。
もし、あなたが今SEOでなかなか成果が出ずに困っているのであれば、賢威を購入し、特典のSEOマニュアルで勉強してみてくださいね。

>>賢威の公式ホームページはこちら

SEOに関するご相談を受け付けています!

SEO関連のご相談を受け付けています。
例えば、運営しているサイトのSEOが上手くいっておらず、サイトを見てほしい・・・など、お問い合わせいただければ、条件つきで(診断費用をお支払いいただくか、公開コンサル)アドバイスをさせていただきます。
また、ブログネタがないブロガーの方を対象とし、インタビューも受けつけております。
普段、SEOコンサルやSEOエンジニアとして、企業のメディア運用をお手伝いしている立場から、お話しさせていただければと思います。
「お問い合わせ」はこちら