突然ですが、あなたはワンマン社長と考え方や意見が合わず、会社を退職しようと考えていませんか?
今の会社はとても働きやすいし仕事も面白いけれど、社長と考え方が合わないと、どうしても会社をやめたいと感じますよね・・・。

ただ、今すぐに会社を辞めるのは控えた方がよいかもしれません。
なぜなら、「社長がムカつく!」といったネガティブな理由で職歴が増えると、次の転職の際に入社希望先の企業からの評価が下がってしまうからです。

また、会社をやめてから職探しをすると、最悪の場合、転職先が決まらず路頭に迷うことだってあるんです・・・。

そこで実践して欲しいのが、一旦頭の中を冷静にするということ。
頭の中を冷静にし、今の会社に居続けることのメリット・デメリットを見直すと、後悔のない判断をすることができるんです。

今回の記事ではそんな、ワンマン社長の経営する会社を本当に辞めるか決断する方法と、次の会社への転職術をお伝えします。
あなたが後悔なく今後の選択を決断できると幸いです。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

すぐに辞めるのはNG!ワンマン社長とそりが合わない理由を再確認しよう!

「社長から理不尽なことを言われた・・・。」
「社員にリスペクトのない社長とは一緒に働きたくない・・・。」

確かに、ワンマン社長の経営する会社に勤めていると、色んな不満が出てきますよね。

ですが、だからと言って、勢いで会社を辞めてしまうのはオススメできません。
なぜなら、マイナスな理由で職歴が増えると、転職をする際、あなたの履歴書を見た希望先企業からの評価が下がってしまうからです。

まずは、自分が社長のどんなところに賛同できないのかを見直し、本当に辞めた方が良いのかを確認するとよいでしょう。

ちなみに、退職するかどうかを決断する際は、次の点を意識してみてください。

 


●会社を辞めるかどうか決断する基準

  • 会社に居続けた方がいいケース
    マーケティングや営業方法、人員配置などの仕事のやり方に問題があり、申し出次第で改善できる場合
  • 会社を辞めた方がいいケース
    理不尽な言葉をかけられる、体育系のノリを強要されるなど、人としての在り方に問題がある場合

 

 りゅうのすけ(通常)

上記のように、社長に申し出をして改善される事項であれば、今の会社にい続けた方が良いでしょう。
一方、理不尽な言葉をかけられたり、体育会系のノリで嫌がらせをされるなど、明らかなパワハラ・セクハラが蔓延しているのであれば、退職をした方がよいと言えます。

社長とそりが合わないときの退職理由の伝え方|本音と建前を使い分けよう

さて、いざワンマン社長が経営する会社を辞めようと思うと、「退職理由をどう伝えるか?」という問題に直面します。
なぜなら、ワンマン社長は気が強い人が多く、退職理由をストレートに伝えると、心証を悪くし、事態がよからぬ方向へ進むこともあるからです。

何ごとも「本音と建前が大切」と言いますが、退職理由を伝える際は、本音をぶつけるのではなく、歯がゆい気持ちを押し殺し建前を述べてくださいね。

ちなみに、社長とそりが合わない場合の退職理由を伝える際は、ポジティブな動機を伝えるのがおすすめです。
というのも、社長に対して不平不満を言うと、「その不満を解消するから残ってくれ!」と引き留められてしまうからです。

例えば、次のようにポジティブかつ未来志向を意識した退職理由を伝えるとよいでしょう。

 


●ワンマン社長の心証を悪くしない退職理由

  • 新しい分野で仕事がしたい
  • 自分の力試しがしたい
  • 開業しようと思う
  • 〇〇という分野に興味があるので資格取得の勉強をしたい

 

 りゅうのすけ(通常)

今勤めている会社を円満退職したければ、他にも意識すべきことがあります。
その方法については「円満退職の下準備とやり方まとめ」という記事で解説しているので読んでみてくださいね。

転職を決断したらすぐに転職活動を始めるべき!転職活動は思っているより時間がかかる

ここまで記事を読んでいる方の中には、「よし、会社を辞めよう・・・!」と決断をしても、なかなか行動に移せない方もいるのではないでしょうか?
確かに、いくら今の会社が働きにくいとは言え、転職は何かとエネルギーを使いますからね・・・。

ですが、そんな重い腰を上げてでも、今すぐに転職活動を始めた方がよいのです。
なぜなら転職活動は、始めてから内定をもらうまでに最低でも3ヶ月はかかりますし、すべきことが意外と多いからです。

 


●転職活動ですべきこと

  • 求人探し
  • 書類作成
  • 求人への応募
  • 書類選考
  • 面接・給与交渉

 

もちろん、中にはおよそ1ヶ月で内定をもらう方もいます。
しかし、短期間で転職を決めてしまうのはごくごく少数です。

 

 りゅうのすけ(通常)

大半の方は、内定をもらうまでに最低でも3ヶ月〜半年かかります。
できるだけ早めに転職先を見つけるためにも、今すぐに転職活動を始めておいてくださいね。

現職が忙しく時間がない人は転職エージェントを利用しよう

転職活動を始めようと思っても、今の仕事が忙しかったり、転職活動のやり方が分からない方は身動きが取れないはず。
そのような場合は、ぜひ「転職エージェント」を利用してください。

転職エージェントとは、無料登録することで専任のコンサルタントがつき、転職に関するあらゆるサポートをしてくれるサービスのこと。

転職エージェントを利用することで、次のメリットがあります。

 


●転職エージェントを利用するメリット

  • あなたに合った非公開求人を探してくれる
  • 転職先の内部事情を教えてくれる
  • 書類添削や面接指導をしてくれる
  • 面接の日程を調整してくれる
  • 給与交渉を代行してくれる

 

このように、転職エージェントを利用することで、時間がない人や転職経験が浅い方でも満足のいく転職活動ができます。
ぜひ、これから転職を考えている方は転職エージェントを利用してください。

 


 

ちなみに、転職エージェントの中でもオススメは「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときのも利用したのですが、担当のコンサルタントの方が転職先の内部事情を教えてくれていたので、とても働きやすい職場に転職することができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

もう転職先選びで失敗したくないという方は、ぜひ「リクルートエージェント」を利用してくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら