突然ですが、あなたは通勤に時間がかかり過ぎていることに、不安を感じていませんか?

職場に通勤するのに1時間半もかかっていると、朝早くに家を出て帰宅する時間も遅いので、寝る時間がありませんよね。
「本当にこの仕事を続けていけるのだろうか?」と心配になることでしょう・・・。

結論から言いますと、通勤に1時間半以上かかっているのであれば、なんらかの方法を使って時間短縮をすることを考えた方がよいと言えます。
なぜなら、通勤時間が長くなればなるほど、自由に使える時間が減り、会社に行くこと自体が苦痛になるからです。

ただし、通勤時間の短縮をする上で気をつけておいて欲しいことがあります。
それは、無茶をして時間短縮をすると、あとあとシワ寄せに苦しむことになるということ。
例えば、通勤時間を短縮するために、お金に余裕がないのに引越しをしたり、週に1回ビジネスホテルに宿泊すると、今度はお金の心配をする必要が出てきますよね・・・。

そこでオススメなのが、まずは”通勤時間短縮のための選択肢を知る”ということ。
というのも、どんな選択肢があるのかを知れば、自分に合った方法や無茶せずに時間短縮できる方法を見つけることができますからね。

今回の記事では、そんな通勤時間を短縮するための選択肢をいくつかご紹介します。
自分に合った方法で通勤時間の短縮を行ない、通勤のストレスから解放されてくださいね。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

会社員の平均通勤時間は47分!”通勤に1時間半”は時間を無駄にしている可能性アリ!

通勤に1時間半もかかっていると、他人の通勤時間が気になりますよね。
もし、自分以外の人が2時間も通勤にかけているのであれば、「わがまま言ってられないな・・・。」と捉えてしまいます。

そんな、通勤時間の平均ですが、「アットホームの調査」によると、次のようになっています。

●都内勤務の20~30代賃貸ひとり暮らし会社員の平均通勤時間

平均通勤時間:47分
通勤時間の理想:29分
通勤時間の限界:65分

このように、多くの人が通勤時間の限界は65分であると言っていることから、通勤に1時間半以上かかるのは、時間がかかり過ぎていると言えます。

 

 りゅうのすけ(通常)

では、具体的に通勤時間が長いとどんなデメリットがあるのでしょうか?
次の章では、通勤時間が長すぎることのデメリットをお伝えします。

通勤に1時間半かかることのデメリットは”時間に気を使う必要がある”ということ

通勤に1時間半以上の時間がかかることで、次のデメリットがあります。

 


●通勤時間が長すぎることのデメリット

  1. 睡眠時間が短くなる
  2. 趣味や自己投資に使う時間がない
  3. 帰りの電車に気を使う必要がある
  4. 会社に行くこと自体が嫌になる

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.睡眠時間が短くなる

どれだけ通勤に時間がかかっていても、会社は出社・退社時間の融通を利かせてくれませんよね。
そのため、通勤時間が短い同僚よりも、早く家を出て遅くに帰宅することになるので、必然的に睡眠時間も短くなってしまいます。

ちなみに、睡眠時間が短くなると、心疾患や生活習慣病、免疫低下のリスクが高まることも・・・。(参照:ドクタートラスト

 

 りゅうのすけ(通常)

通勤時間が長いと、ただ時間を無駄にするだけでなく、健康を害する恐れもあるのです。

2.趣味や自己投資に使う時間が減る

睡眠時間を削らざるを得ないということは、平日はほとんど自由な時間はありませんよね。
そのため、次のような趣味や自己投資に時間を割くこともできません。

 


  • 語学や資格などの勉強
  • 家事や自炊
  • FXや株などの副業

 

 りゅうのすけ(通常)

上記のようなことに取り組めない結果、毎日が充実していないような感覚になってしまいます。
時間の使い方を充実させたい方は、通勤時間の短縮に努めましょう。

3.帰りの電車に気を使う必要がある

通勤時間があまりに長いと、帰りの電車にも気を使う必要が出てきます。
なぜなら、通勤時間が長いということは、それだけ会社から自宅の距離が遠いため、すぐに終電がなくなってしまうからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

中には、その日のうちに残業を終わらせたい日や、同僚と飲みに行きたい日もあるはず。
ちょっとしたことにも時間を使えないため、損をしているような気分になります。

4.会社に行くこと自体が嫌になる

通勤時間が長いと、会社に行くこと自体が嫌になってしまいます。
なぜなら、通勤時間が長いことで、次のような不満が出てくるからです。

「面倒くさいな・・・、休みたいな・・・。」
「なんでこんなに時間かけて通勤しなきゃならないんだよ・・・。」
「ていうかこの仕事、家でもできるじゃん・・・。」

通勤時間が長いと、どんどんネガティブな思考になってしまい、会社の悪いところばかりが目についてしまいます。
その結果、その会社に行くことが嫌になり、会社を辞めたいなと感じるようになるのです。

 

 りゅうのすけ(通常)

もし、今まさに会社を辞めたいなと感じているのであれば、「会社を辞めたい人は必読!会社を本当にやめるべきか判断する方法とオススメの転職術」という記事も読んでみてくださいね。

通勤時間を短くするための選択肢|通勤方法の変更や引越し、転職などの方法がある

通勤時間を少しでも短くするための選択肢は次の3つです。

 


●通勤時間を少しでも短くするための選択肢

  1. 通勤手段にかける金額を増やす
  2. 会社の近くに引っ越す
  3. 通勤しやすい会社に転職する

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします。

1.通勤手段にかける金額を増やす

通勤時間の長さに困っているのであれば、通勤手段にかける金額を増やすのがオススメです。
例えば、今まで普通電車を利用していたのを、特急列車・新幹線に変更してみたり、車通勤であれば高速道路や有料道路を使うといった工夫もできます。

 

 りゅうのすけ(通常)

ただしこの方法は、通勤手当が出る場合でなければ、実践することができません。
もし、通勤手当の増額が見込めるのであれば、試してみるてくださいね。

2.会社の近くに引っ越す

通勤時間を短縮させる方法として、会社の近くに引っ越すという選択肢があります。
ただし、引っ越しにはある程度のお金がかかります。

アットホームの調査」によると、入社を機に賃貸物件の住み替えをした場合、次の金額がかかることが分かっています。

●引っ越しにかかる費用の平均値

住み替え時にかかった引っ越し代:7.9万円
家電家具など新生活開始準備金の額:16.9万円

 

 りゅうのすけ(通常)

このように、いざ引越しをするとなると、およそ25万円近くの費用がかかります。
そのため、引っ越しに回せるだけの貯蓄がある場合のみ、実践できる方法だと言えます。

3.通勤しやすい会社に転職する

できるだけお金をかけずに通勤時間を短縮したければ、転職をするのがオススメです。
例えば、家の近くの会社や、乗り換えなしでいける会社に転職することができれば、より自由な時間を確保することができます。

また、転職をすることで年収アップを実現することが可能です。
もし、通勤時間の短縮だけでなく、働き方の見直しもしたければ転職を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、転職で年収アップをすることは難易度が高いように思いますが、実は簡単です。
転職で年収をアップは可能?年収アップ転職を実現する3つコツ」という記事で年収アップ転職の方法を解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

通勤時間の短縮のために転職をするなら転職エージェントを利用しよう

もし、通勤時間の短縮のために転職を検討しているのであれば、「転職エージェント」に登録するのがおすすめです。
転職エージェントとは、無料登録することで専任のコンサルタントがつき、転職に関するあらゆるサポートをしてくれるサービスのこと。

転職エージェントを利用することで次のメリットがあります。

 


●転職エージェントを利用するメリット

  • 自宅から通勤しやすい企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 企業の内情や求めている人材を教えてくれる
  • 企業ごとに面接や書類の対策方法を教えてくれる
  • 企業との面接日程の調整や給与交渉を代行してくれる

 

どれだけ通勤しやすい会社に転職をしても、入社後にいきなり異動を言い渡され、結果的に通勤時間が変わらない・・・といったことも想定されます。
しかし、転職エージェントを通じて、事前に応募企業の内情を教えてもらっておけば、企業選びに失敗しる可能性は格段に下がります。

もし、通勤時間を短縮しつつ、今よりも条件の良い企業で働きたければ、転職エージェントに登録してみてくださいね。

 


 

ちなみに、転職エージェントの中でもオススメは「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときにも利用したのですが、担当のコンサルタントの方が、事前に企業の内情を教えてくれたため、書類選考や面接の通過率も上がりましたし、後悔のない企業選びをすることができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

ぜひ、「リクルートエージェント」を利用して、通勤時間を縮めるだけでなく、働きやすい・条件の良い企業への転職を成功させてくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら