突然ですが、あなたは職場に同年代の人がいないために、孤独感を感じていませんか?

「気軽に話せる人がおらず、ランチのときに空気のように存在感が薄い・・・。」
「仕事に対する価値観やモチベーションが合わず、仕事がしづらい・・・。」
「いっそのこと転職して環境を変えたいけど、そんな理由で転職してもいいのだろうか・・・?」

職場に同期や同年代の人がいないと、色々と居づらさを感じてしまいますよね。
ただ、同年代の人がいないことを理由に転職をするのは、なんだか嫌なことから逃げているようで億劫になってしまいます。

ですが、実は「職場に同年代の人がいない」などの、人間関係の不和を理由に転職をするのはアリなんですよ!
というのも、人間関係が良好でない職場にい続けることで、ストレスを抱えたり、仕事の効率が悪くなるなどのデメリットがあるからです。
実際、「株式会社プレシャスパートナーズの調査」によると、20代の転職経験者のうち、およそ5人に1人は会社の人間関係が上手くいかないことを原因に会社を辞めているほど・・・!

ただし、転職という選択肢は、簡単に人間関係をリセットできる反面、いくつかリスクを引き起こします。
例えば、一時的に収入が途絶えたり、転職に成功しても本当にその職場が自分に合っている保証がないことなどがそう。

そこで、職場での孤独感に悩んでいるあなたに真っ先に実践して欲しいのが、世代の離れた人ともコミュニケーションを取る努力をすること。
というのも、世代が離れた人とコミュニケーションが取れる人は、何かと目上の方に気をかけてもらいやすく、人生において得をすることが多いからです。

とはいえ、どうすれば年上の人とコミュニケーションが取れるかわかりませんよね。
そこで、今回の記事では、職場に同年代の人がいないメリット・デメリットや、世代の離れた人とコミュニケーションをとる上で気をつけておくべきポイントをお伝えします。

いきなり転職するのではなく、まずは今ある環境を何とかすることを優先してくださいね。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

職場に同年代がいない!同期がいないことのデメリットは孤独感を感じること

職場に同年代や同期の人がいないと、色々と辛いですよね・・・。
では具体的に、同年代の人がいないとどんなデメリットがあるのでしょうか?


●職場に同年代がいないことによるデメリット

  • 会話のテーマや価値観が合わない
    職場に同年代の人がいないと、会話のテーマや価値観が合いませんよね。
    例えば、雑談の内容もそうですが、仕事へのモチベーションや何かミスが起きたときなど、世代のギャップを強く感じます。
    年代が離れていると、その価値観に共感できず、コミュニケーションを取ることを諦めてしまうでしょう。
  • 業務以外の時間に孤独感を感じる
    職場に同年代の人がいないと、ランチや飲み会、休憩時間のときに話す相手がいません。
    そのため、特に用事もないのにYahoo!ニュースとにらめっこをすることも。
    ひとりの時間も大切ですが、それが何年も続くと考えると辛いですよね。
  • 仕事の愚痴や相談ごとを話せる相手がいない
    本来、仕事をしていると、誰でも愚痴のひとつも言いたくなるもの。
    しかし、価値観を共有できる相手がいないため、相談をする相手もいませんよね。
    そのせいでストレスを抱えているのではないでしょうか?
  • プライベートにおける接点が少ない
    職場に同年代の人がいないと、プライベートにおける他人との接点も少なくなります。
    特に、地元から遠く離れた場所で働いていると、出会いがないため、プライベートまで孤独になってしまいます。
    同年代がいればショッピングや旅行、合コンのセッティングもしてもらえるのに・・・。

 

このように、職場に同年代の人がいない場合、孤独感を感じるなどデメリットが多いです。
できれば、さっさと転職をして同年代が多い職場で華やかに働きたいですよね。

 

 りゅうのすけ(通常)

しかし、転職をするとなると、書類選考や面接の中で「転職理由」についてチェックされます。
同年代がいないという理由で転職をするのはアリなのでしょうか?

職場に同年代がいないことを理由に転職するのはアリ!ただしすぐに会社を辞めるのはNG?

休憩時間やランチのときなど、職場で孤独感を感じていると「転職したいな・・・。」と思うもの。
ただ、その反面「そんな理由で転職をしてもいいの・・・?」と不安にもなってしまいますよね。

しかし、職場に同年代がいないという理由で転職をするのは一般的なんです。
というのも、職場における人間関係が良好でなければ、周囲の人とのコミュニケーションが悪くなり、業務のパフォーマンスが低下するからです。

また、冒頭でもお伝えしたように、「株式会社プレシャスパートナーズの調査」によると、20代の転職経験者のうち、およそ5人に1人は会社の人間関係が上手くいかないことを原因に会社を辞めています。

そのため、職場に同年代の人がいないという理由で転職をするのは、何も特別なことではないと言えます。

ただ、ひとつだけ理解しておいて欲しいことがあります。
それは、思いつきだけで会社を辞めるのはオススメできないということ。
なぜなら、転職活動にはある程度の時間がかかりますし、ネガティブな理由で転職をすると、次の会社で一気に年収が下がることもあるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

いきなり転職を試みるのではなく、まずは「世代の離れた人とのコミュニケーションを円滑にするにはどうすればいいのか?」ということを考えてみてはいかがでしょうか?

世代の離れた上司と上手く接するために意識すべきたったひとつのポイント

世代の離れた上司と会話や仕事をしていると、価値観の違いを感じることがありますよね。
そのせいで、上司に対して共感することができず、自ら距離を取ることもあるはず・・・。

そんな、上司とのコミュニケーションが苦手なあなたに認識して欲しいことがあります。
それは、「自分の常識は、相手にとって非常識」だということ。
というのも、人は育った家庭環境や生まれた世代、性別によって異なる考え方を持っているからなんです。

例えば、次の表のように、ちょっとしたことでも人と人の価値観は異なるはずですよね。

 

テーマ異なる価値観
お金お金が人生の全てだ
お金は全てではない
車は単なる移動手段だ
車はステータスの象徴だ
残業残業が多い人は仕事の仕方が悪い
残業が多いのは頑張っている証拠
失敗失敗は絶対に許されないことだ
失敗をするからこそ成長できる

 

このように、人間の価値観は人それぞれです。
そのため、自分の考えを相手に押し付けようとしても、受け入れてもらえることはありません。
世代の離れた上司が何か自分と違う主張をしたとしても、「へぇ〜。いろんな考え方があるんですね!」という程度に認識しておきましょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

ただし、上司とのコミュニケーションをする際、最低限の礼節を欠かすと人間関係は悪化してしまいます。
職場の人間関係に疲れたら読んでほしい!人間関係が悪化した原因別の対処法」という記事で、職場の人間関係を改善する方法を解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

どうしても同期がいない職場に馴染めない!辛いときは転職を検討しよう

ここまで、職場に同年代の人がおらず、悩んでいるときの対処法をお伝えしてきました。

しかし、どうしても孤独な職場が辛い・馴染めないときは転職も検討しましょう。
なぜなら、人間関係に関するストレスを抱え状態で仕事を続けていると、うつなどの心疾患にかかることもあるからです。

ただし、転職をすると言っても、気をつけておくべきことがあります。
それは、自分と同年代の人が多く働く業界を選ぶということ。

例えば、20代の方であれば、次の職種・業種を選ぶと同年代の人が多く働く職場に巡り会うことができます。

 


  • IT関連
  • コンサルタント
  • アパレル
  • 営業

 

ちなみに、異業種から上記のような職種・業種に転職をするのであれば、「転職エージェント」を利用することをオススメします。
転職エージェントとは、無料登録することで専任のコンサルタントがつき、転職に関するあらゆるサポートをしてくれるサービスのこと。

転職エージェントを利用することで次のメリットがあります。

 


●転職エージェントを利用するメリット

  • 未経験でも転職しやすい非公開求人を紹介してくれる
  • 書類の添削や面接の指導をしてくれる
  • 面接日程の調整を代行してくれる
  • 転職後の給与の交渉をしてくれる

 

異業種への転職は大変難易度が高いです。
しかし、転職エージェントを利用することで、その難易度をガクッと下げることが可能です。
同年代の人が多い職場へ転職するなら、転職エージェントを利用しましょう。

 


 

また、転職エージェントの中でもオススメは「リクルートエージェント」です。

「リクルートエージェント」は、大手ということもあり、未経験からでも転職しやすい求人が多く、転職初心者のためのサポートも充実しています。

 

 りゅうのすけ(通常)

異業種への転職は書類の準備から面接対策まで分からないことが多いです。
早めに「リクルートエージェント」に登録し、納得のいく転職先を紹介してもらいましょう。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら