突然ですが、あなたはアフィリエイトをしていて、なかなか収益が発生せずに悩んでいませんか?

「頑張って記事を書いたけど、いつまで経っても上位表示できない・・・。」
「上位表示はできたけど、全然アフィリリンクのクリック数が増えない・・・。」
「全然上手くいかないから辞めちゃおっかな・・・。」

もしあなたが記事を書けども書けども、売り上げを増やすことができていないのであれば、「キーワード選定のやり方」が良くないのかもしれません。

というのも、アフィリエイトでは、キーワード選定に失敗してしまうと、いつまで経っても上位表示できないキーワードや、上位表示できても収益に繋がらないキーワードで記事を書き続ける羽目になるからです。
その結果、時間を無駄にしてしまい、「アフィリエイトやーめた!」という状況に陥ってしまいます。

しかし、きちんとキーワード選定のやり方を押さえておけば、上位表示しやすく、収益化もしやすいキーワードで記事を書くことができ、最短で稼ぐことが可能です。
そこで、この記事では、アフィリエイト初心者が知っておくべきキーワード選定の方法をお伝えします。
この記事を参考に、あなたのサイトの売り上げがアップすると幸いです。

それではまいりましょう!

アフィリエイトにおけるキーワードの4つの分類!優先順位を設定しステップを踏もう

ところで、あなたは普段、記事を書くうえでどんなキーワードを選んでいますか?

メディアやブログを運営するとなると、キーワードの検索回数の大小など、色んな考え方がありますよね。
しかし、SEOアフィリエイトをするのであれば、キーワードのボリューム(検索回数)が大きいか小さいか以外にも、”収益性や競合性”という観点も持って欲しいのです。

例えば、この収益性と競合性を表にすると、次のようになります。

 

 りゅうのすけ(通常)

では、上記の表でお伝えしたキーワードについて、詳細をお伝えします。

1.収益性が高く上位表示しやすいキーワード

初心者おすすめ度★★★★☆
キーワード事例
  • 飲食店から〇〇への転職
  • クレジットカード 3枚持ち 最強
  • 海外FX クレジットカード ポイント
  • 結婚できない 給料が安い
  • iphone simロック 見分け方
キーワードの特徴ロングテールである(2〜3語以上)、のちに商品を購入するであろう人が検索している

2.収益性が低いが上位表示がしやすいキーワード

初心者おすすめ度★★★★★
キーワード事例
  • ヒルトン タイムシェア クーリングオフ
  • ラップない時 冷凍
  • ゾゾスーツ 家族で使える
キーワードの特徴ロングテールである(2〜3語以上)、日常の豆知識・ふとした疑問を解決したい人が検索している

3.収益性が高いが上位表示が難しいキーワード

初心者おすすめ度★★☆☆☆
キーワード事例
  • 青汁 比較
  • 医療脱毛 おすすめ
  • レンタルサーバー ランキング
  • ゴールドカード 比較
  • WordPress 始め方
キーワードの特徴ビッグ・ミドルキーワードである(1〜2語)、すぐに商品を購入しようと考えている人が検索している

4.収益性が低く上位表示も難しいキーワード

初心者おすすめ度★☆☆☆☆
キーワード事例
  • 針葉樹林 記号
  • OK 由来
  • xmind ダウンロード
キーワードの特徴ビッグ・ミドルキーワードである(1〜2語)、日常の豆知識・ふとした疑問を解決したい人が検索している、企業の公式サイトや販売サービスを目的として検索している

 


 

もし、あなたのサイトがまだ開設したばかりで、被リンクが集まっていないのであれば、まずは競合が弱く上位表示しやすいキーワードを狙うようにしてください。
というのも、サイト開設初期は被リンクが集まっておらず、Googleからのドメインの評価が低いからです。

ただ、上位表示できている記事が増え、アクセスや被リンクが集まってきたら、多少競合が強いキーワードでも上位表示はしやすくなります。
その際は、「収益性が高く、上位表示が難しいキーワード」を狙うのもよいでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、もしあなたに資金があるのであれば、自演リンクをすることで、ドメインの評価を短期間で高めることができます。
ドメインの評価が短期間で高まれば、最初から「競合が強く、上位表示が難しいキーワード」も狙うことが可能です。
自演リンクのやり方について「自演リンクを使ったブラックハットSEOのやり方と具体例」で解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

アフィリエイトキーワードの選定方法|上位表示しやすい・収益性が高いキーワードを見つけるコツ

ここまでアフィリエイト初心者が狙うべきキーワードの条件や特徴をお伝えしました。
しかし、ここで気になるのが「どうすればそんなお宝キーワードが見つかるの?」ということですよね。

そこで、この章では、アフィリエイトで稼ぐためのキーワード選定の方法をお伝えします。

 


●この章の内容

  1. 上位表示しやすいキーワードの見つけ方
  2. 収益性が高いキーワードの見つけ方
  3. 狙ってはいけないキーワードの条件

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.上位表示しやすいキーワードの見つけ方

先ほど、上位表示しやすいキーワードの特徴は、次のふたつの要素を満たしているとお伝えしました。

 


  • ロングテールキーワード(2〜3語以上の複合)
  • 競合サイトが弱い

 

 りゅうのすけ(通常)

では、上記の要素を満たしたキーワードの探し方の一例をお伝えします。

 


●上位表示しやすいキーワードの見つけ方

1.適当なキーワードで検索する

まず、自分のサイトにて狙っているキーワード、または、それに近いキーワードでGoogle検索します。
例えば、僕の場合であれば、転職理由でもある「年収が低い」と検索してみます。

2.検索結果最下部の「関連する検索キーワード」から深掘りする

続いて、検索結果の下部にある、サジェストキーワードの中から、目ぼしいキーワードをクリックします。
ここでは、「給料安い モチベーション」をクリックします。

3.MozBarを使ってDA20以下のサイトが多いキーワードを狙う

続いて、「給料安い モチベーション」の検索結果にて「MozBar」というGoogleChrome拡張ツールを用います。
MozBarを使うと、検索結果にて各サイトのドメインの強さを計測することができるため、事前に上位表示しやすいキーワードかを探ることが可能です。

MozBarは無料アカウントを取得すればChromeで使えるので、ぜひ試してくださいね。

>>MozBarのダウンロードはこちら

サイト開設初期や、まだまだ被リンクが集まっていないサイトは、MozBarのドメインオーソリティ(DA)が20以下のサイトが多く検索結果に表示されているキーワードを狙いましょう。
ドメインオーソリティが20以下のサイトばかりであれば、コンテンツ次第で上位表示も可能です。


 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、SEOに強いコンテンツの書き方や細かなテクニックは「SEOに強い記事の書き方9つのテクニック」で解説しているので読んでみてくださいね。

2.収益性が高いキーワードの見つけ方

ここまで、上位表示しやすいキーワードを狙う方法をお伝えしました
ここまでの方法だけでは、上位表示できても収益化できないかもしれません。
そこで、ここからは収益化しやすいキーワードの探し方をお伝えします。

先ほどお伝えした方法とうまく併用してみてくださいね。

 


●収益化しやすいキーワードの探し方

1.収益性が高い分かりやすいキーワードで検索してみる

「〇〇 ランキング」「〇〇 比較」「〇〇 おすすめ」「〇〇 始め方」「〇〇 口コミ」など、自分が取り組んでいるジャンルの収益性が高いキーワードで検索します。

2.上位に出てきたサイトのドメインを「site:」コマンドで検索

「〇〇 ランキング」などのキーワードで上位表示されているサイトのドメインをコピーし、Googleで「site:ドメイン名」で検索します。
例えば、当サイトであれば「site:poodles.work」になりますよね。
site:コマンドで検索すると、ライバルサイトの記事が一覧でチェックできます。

3.アフィリエイト記事で狙っているキーワードをメモ

出てきた記事のタイトルを読み、どんなキーワードを狙っているのかをチェックしておきましょう。
実際に読んでみて、アフィリリンクを貼っている記事や、読んでみて商品を買いたいと思った記事を選ぶと、なお収益化しやすいキーワードを抽出できるでしょう。


 

 りゅうのすけ(通常)

ただ、収益化しやすいそうなキーワードが分かっても、上位表示するためには、ユーザーの検索意図を理解することが欠かせません。
検索意図のリサーチ方法は、「キーワードの検索意図の調べ方と記事への反映方法」でお伝えしているので、読んでみてくださいね。

3.狙ってはいけないキーワードの条件

ここまで、サイト開設初期の段階で狙うべきキーワードの選び方をお伝えしました。
一方で、「狙うべきではないキーワード」を知っておくことも大切ですよね。

狙うべきではないキーワードの特徴は次の通りです。

 


●初心者が狙うべきではないキーワードの特徴

  • ビッグキーワードである(1〜2語)
  • 企業の公式サイトばかりが上位表示されている
  • MozBarのドメインオーソリティが30以上のサイトばかり

 

また、上記のような要素を含んだキーワードに加え、「リッチスニペット」が出てくるキーワードも避けておきましょう。
リッチスニペットとは、検索結果に出てくるサイトの本文の要約のこと。

リッチスニペットが出てくる検索キーワードは、Googleが「検索結果上で問題解決できるので、記事を読む必要はない」と判断しているものなので、仮に上位表示できても、記事が読まれない可能性が高いです。

 

 りゅうのすけ(通常)

このように、サイト開設初期の段階では、自分のサイトのドメインの強さに応じて今どんなキーワードを狙うべきかを考えることが必要です。
もし、徐々にあなたのサイトにアクセスが集まり、ドメインの評価が高まってきたのであれば、より難易度が高いキーワードを狙うのもよいでしょう。