突然ですが、あなたは会社に居場所がなく、苦しんでいませんか?

「仕事で簡単なミスをしてしまい、周りの人が冷たくなった・・・。」
「みんながヒソヒソと自分の悪口を言っている・・・。」
「新入りを潰そうとするお局様がいる・・・。」

会社に属していると色んな人がいて、上記のような嫌がらせや無視をされることもあるはず。
ただ、会社を辞めようにも、自分が嫌なことから逃げているような気がしてなりませんよね・・・。

ですが、人間関係の悪化が原因で、会社を辞める人は結構多いんですよ!
実際、「株式会社プレシャスパートナーズの調査」によると、20代の転職経験者のうち、およそ5人に1人は会社の人間関係が上手くいかないことを原因に会社を辞めているんです。

つまり、人間関係の悪化を原因に会社を辞めるのは、正当な理由であると言えるのです。

ただ、気をつけて欲しいのは、人間関係悪化の原因がどこにあるのかということ。
というのも、人間関係が悪化している原因が自分にあるのに、それを棚に上げて次の会社へ行っても、また同じように人間関係に悩むことになるからです。

そこで実践して欲しいのが、まずは自分の居場所がなくなっている原因を突き止めるということ。
自分の居場所がなくなっている原因を突き止めれば、今の会社内で人間関係を修復できる方法が分かるかもしれません。
また、仮に転職をするとしても、次の会社で良好な人間関係を築くことができるはずですよね。

そこで、今回の記事では、いま会社に自分の居場所がなくなっている原因と、原因別の対処法をお伝えします。
自分が今後、どのように社内で振舞っていくべきなのかを見直してくださいね。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

会社に居場所がないと感じるのはどんなとき?自己退職を強要されるという末路になることも?

ところで、あなたはどんなときに「あぁ、自分は会社に居場所がない・・・。」と感じますか?
一般的に、次のような理由で会社に居場所がないと感じている人が多いようです。


●会社に居場所がないと感じる理由・シチュエーション

  • 年配社員が理不尽な仕事の割り振りをしてくる
  • セクハラ・パワハラを訴えたら、逆に疎外された
  • ランチタイムが、透明人間のような存在になっている
  • 会社のみんなが私をバカにしてるように感じる
  • 仕事でミスをし、周囲の人が冷たくなった
  • お局様が聞こえるように悪口を言ってくる

 

このように、人それぞれ居場所がないと感じる理由はあるでしょう。
また、上記のような会社ぐるみの嫌がらせが悪化すると、「自己退職」を強要されるケースもあります。

もちろん、自己退職の強要は法的に許されることではありません。
しかし、自分が上司や同僚から、なんらかの理由で冷たくされているのは事実。

 

 りゅうのすけ(通常)

できるだけ早く、なぜ自分の居場所がなくなっているのかを探り、今後どうしていくのかを検討するのがよいでしょう。

職場で居場所がない人の特徴・理由とは?コミュニケーション苦手やネガティブ、ミスが多い?

先ほど、職場で居場所がないと感じるならば、居場所がなくなっている原因を探ることが大切だとお伝えしました。
では、会社の中で居場所がなくなっている人には、具体的にどんな特徴があるのでしょうか?

この章では、職場で居場所がない人の特徴や、居場所がなくなっている原因をご紹介します。

 


●職場で居場所がなくなる原因・居場所がない人の特徴

  1. 他人とコミュニケーションを取るのが苦手
  2. すぐにネガティブな言葉を吐いてしまう
  3. 簡単な仕事でもミスが多い
  4. お局様の標的にされている

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.他人とコミュニケーションを取るのが苦手

他人とのコミュニケーションが苦手な方は、会社で居場所がなくなる傾向にあります。
なぜなら、コミュニケーションが苦手な人は、そもそも自分から他者との関わりを遠ざけてしまうからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

実際、周囲の人たちは、あなた自身と喋りたい・コミュニケーションを取りたいと思っています。
しかし、自分が心を閉ざしているため、結果的に居場所がないように感じてしまうのです。

2.すぐにネガティブな言葉を吐いてしまう

あなたは次のようなネガティブな言葉が口癖になっていませんか?

 


  • 楽しくない・面白くない
  • キツい・つらい
  • もう辞めたい
  • ムカつく

 

仕事をしていると、嫌なことがあるのは分かります。

しかし、上記のようなネガティブな言葉を頻繁に吐いてしまうことで、会社内で居場所がなくなることがあります。
というのも、ネガティブな言葉を頻繁に吐く人と一緒に過ごしていると、自分までネガティブな気持ちになってしまうため、周囲の人たちはあなたと距離を置こうとし始めるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

確かにキツいことや辛いことはあるとは思いますが、周りの人の気持ちも考えられるとよいかもしれませんね。

3.簡単な仕事でもミスが多い

資料の印刷や、箱にモノを詰める作業など、判断の伴わない簡単な作業でミスが多いと、会社内で居場所がなくなる傾向にあります。
なぜなら、簡単な仕事でミスが多い人は、周囲の人から「何でそんなことも出来ないの?」と呆れられるばかりか、キレられることも多いからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

自分としては一生懸命やっているつもりでも、ミスが多く周囲の人を困らせているのであれば、それが原因で居場所がなくなっているのかもしれません。

4.お局様の標的にされている

自分は特に悪いことをしていなくても、いわゆるお局様に目をつけられてしまい、標的にされると会社に居場所がなくなってしまいます。
というのも、お局様は自分だけでなく、お局様の周囲にいる人たちまで巻き込んであなたを攻撃するからです。

本当はあなたに対して、攻撃したくないと思っている人でも、お局様の標的にならないよう、保身のためにあなたを攻撃していることもあります。
このような場合、お局様やその周りの人をコントロールするのは難しいため、職場環境を変えることも検討した方が良いでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

もし、会社内での人間関係に困っているのであれば、「職場の人間関係に疲れたら読んでほしい!人間関係が悪化した原因別の対処法」という記事も読んでみてくださいね。

会社に居場所がないときの対処法3つ!職場で孤立したら人間関係の修復に努めよう!

では、社内に居場所がない場合、どのようにして解決するのがベストなのでしょうか?
この章では、会社に居場所がない原因別の対処法をお伝えします。

 


●自分のふるまいに原因がある場合の対処法

  1. 人間関係の修復に努める

●他人や職場に原因がある場合の対処法

  1. 人間関係に対する考え方を変えてみる
  2. 人間関係をリセットする(転職する)

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.人間関係の修復に努める

自分の言動やふるまいによって、居場所がないのであれば、自ら社内の人間関係の修復に努めましょう。
というのも、このまま自分の悪い部分と向き合わずに、人間関係をリセットしても、次の会社で同じように居場所がなくなってしまうからです。

確かに、人間関係を修復するのは大変です。
ですが、大変とは文字通り、大きく変化している証拠。

大変な時こそ、自分が大きく成長している時だと捉え、人間関係の修復に挑戦してみましょう。

ちなみに、社内の人間関係を修復するためには、次のような方法があります。

 


●コミュニケーションを改善する方法

  • 丁寧な挨拶をする
  • できるだけポジティブな言葉を使う
  • 自分の弱みをさらけ出してみる

●仕事のやり方を改善する方法

  • 作業の抜け漏れがないよう、タスクリストを作る
  • 資格の取得などのスキルアップを試みる

 

 りゅうのすけ(通常)

変なプライドを捨て、恥をかくつもりで人間関係の修復に努めましょう。

2.人間関係に対する考え方を変えてみる

お局様や冷たい上司のせいで、会社に居場所がなくなっているのであれば、人間関係に対する考え方を変えてみましょう。
というのも、会社内に居場所がなくて苦しんでいるのは、「みんなと仲良くしなければならない」という固定観念に縛られ、みんなと仲良くできていない自分に負い目を感じているからです。

例えば、「自分と他人は別物」「会社はお金を稼ぐ場所」と割り切っておけば、たとえみんなと仲良くできていなくても、劣等感を感じなくてすみますよね。

 

 りゅうのすけ(通常)

「みんなと仲良くしなくてもいいんだ!」と自分に言い聞かせ、仕事に集中すると良いでしょう。

3.人間関係をリセットする(転職する)

先ほど、「人間関係に対する捉え方を変えてみるのが良い」とお伝えしました。
しかし、会社内でひとりでい続けるのはどうしても寂しいもの。

そんなあなたには、ぜひ転職を検討していただきたいです。
というのも、転職することで人間関係がリセットされ、また新しく人間関係を構築することができるからです。

ちなみに、「日本労働組合総連合会の調査」によると、職場の人間関係が不満で転職をした人の半数以上が、現在の職場の人間関係に満足しています。

このことから、人間関係に悩んでいるのであれば、転職をすることが最善の方法だと言えますね。

 


 

ちなみに、会社に居場所がないという理由で転職を決断したら、すぐに会社を辞めようと考えている人も多いはず。

しかし、転職先が決まる前に会社を辞めるのはオススメしません。
なぜなら、転職先が決まっていないのに現職を辞めてしまうと、収入経路がなくなり資金繰りに困ることになるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

まずは転職先を決めることを優先し、転職先が決まってから今の会社を辞めるようにしましょう。

人間関係を理由に転職するなら転職エージェントを利用しよう!

これから転職をしようと考えているなら、「転職エージェント」を利用するようにしてください。
転職エージェントとは、無料登録することで専任のコンサルタントがつき、転職に関するあらゆるサポートをおこなってくれるサービスのこと。

転職エージェントを利用することで、次のメリットがあります。

 


●転職エージェントを利用するメリット

  • 希望求人の企業の内情を教えてくれる
  • 高待遇の非公開求人を紹介してくれる
  • 今後のキャリアの相談に乗ってくれる
  • 面接対策や書類の添削をしてくれる

 

このように、転職エージェントを利用することで、希望求人の企業の内情を知ることができます。
そのため、企業選びに失敗することがなくなり、入社後に「あぁ、失敗した・・・。」と後悔することもなくなります。

後悔のない転職先選びをしたいのであれば、ぜひ転職エージェントを利用してくださいね。

 


 

ちなみに、転職エージェントの中でもオススメは「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときにも利用したのですが、コンサルタントの方が希望求人の企業の内情を教えてくれたため、ホワイトで働きやすい企業に入ることができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

もう人間関係で悩みたくないという方は、ぜひ「リクルートエージェント」を利用してくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら