突然ですが、あなたは企業の面接を何社受けても不合格続きで、「一生転職できないんじゃないか・・・。」と落ち込んでいませんか?

書類選考は通るのに、いつも面接で落とされていると、人間性で落とされていると感じてしまい、自己嫌悪に陥りますよね。
もし、このまま不合格が続けば、今の希望条件を譲歩しなければならず、結果としてやりがいのない仕事をする羽目になるかもしれません。

そんなあなたに知っておいてほしいことがあります。

それは、企業の面接に落ちる人には、”ある共通点”があるということ。
そのため、面接に落ちる人の共通点を知り、事前に対策をしておけば、面接の合格率を高めることができるんです・・・!

とはいえ、不合格続きで自信を喪失しかけていると、何も頭に入ってきませんよね。
そこで、今回は面接に落ちる人の特徴だけでなく、面接に落ちたときのショックから立ち直る方法もお伝えします。

ぜひ、この記事をキッカケにあなたが内定を勝ち取れると幸いです。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

面接に落ちる人にはどんな特徴がある?第一印象やコミュニケーション、事前準備で差が出ます!

あなたは現時点で、どれくらい面接に合格できる自信がありますか?
これまで面接に受からなかった方や、これから面接を受けるけれども自信がないという方は、以下の「面接に落ちる人の特徴」に当てはまっていないか確認してみて下さいね。

 


●面接に落ちてしまう人の特徴3つ

  1. 第一印象が悪い
  2. コミュニケーションが成り立たない
  3. 事前準備が足りない

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ、具体的な事例を交えて解説いたします!

1.第一印象が悪い

清潔感
  • 髪がボサボサ
  • 前髪で顔が隠れている
  • ヒゲが伸びている
  • 化粧が濃い
  • スーツやシャツにシワが目立つ
  • 靴の汚れが目立つ
  • 底が擦り減っている
  • タバコ・香水の匂いがする
表情
  • 雰囲気が暗い
  • 笑顔がない
マナー
  • 時間に遅れてくる
  • 敬語を喋ることができない
  • 挨拶ができない
  • 入退室のマナーが守れない

2.コミュニケーションが成り立たない

話し方
  • 話し声が小さい
  • 滑舌が悪い
  • 面接官からの指摘に素直に慣れない
  • 過剰なほど自信を持っている
  • 面接官の目を見て話さない
話す内容
  • 面接官の質問の意図とは違う回答をする
  • 面接官との会話が噛み合わない

3.事前準備が足りない

自己分析
  • 自分がやりたいことの軸が定まっていない
  • 自分の強みをわかっていない
  • モノゴトの価値観が他責である
  • 転職理由がネガティブ(消去法)
  • 志望動機など鉄板の質問事項を準備していない
企業分析
  • 調べればすぐに分かることを質問する
  • 志望動機とこれからやりたいことに矛盾点がある
  • なぜ他社ではなく弊社なのかを説明できない

 


 

あなたはいくつ当てはまりましたか?
面接に落ちてしまうという方は、自分では気をつけているつもりでも、ついつい上記の項目をやってしまいます。

ちなみに、上記の禁止事項をやってしまうと、面接官は「不合格フラグ」という、不合格の場合のお決まりパターンの行動を起こします。

 

 りゅうのすけ(通常)

次の章では、そんな「面接官が出す不合格フラグ」をご紹介しましょう。

これが出たらアウト!面接で不合格が決定するフラグ7つ

不合格フラグに絶対とされているものはありません。
ですが、もし次のようなサインが出たら、あなたは面接に落ちているかもしれません。

これまでの面接官に当てはまる項目があるかチェックしてみて下さい。

 


●面接不合格のフラグ事例

  • 面接時間が1時間のはずなのに15分程度で終わる
  • 面接官に「分かりにくい」などの説教をされる
  • こちらからの質問に対する回答が雑
  • 仕事に関係のない雑談が多い
  • 面接官がこちらの発言のメモを取っていない
  • 面接終了後、なんのコミュニケーションもなく、さっさと帰らされる
  • これで会うのが最後かのような言い方をされる

いかがでしたか?

僕は以前、ある時期に10社ほど面接を受けて、全て不合格になったという経験があります。
面接を受けるたびに、上記の不合格フラグが出ていたのを思い出します。
当時、結婚したばかりで、自分の無力さにかなり落ち込みましたね・・・。

 

 りゅうのすけ(通常)

しかし、そんな僕が“あること”をキッカケに、面接に落ちてもすぐに立ち直れるようになったんです。
次の章では、そんな面接不合格から立ち直ることのできた”あること”をご紹介します。

面接に落ちた!ショックから立ち直るために必要なことは捉え方を変えること!

もし、面接に不合格で落ち込んでいるのであれば「〇〇社に救われた!」と考えるようにして下さい。
というのも、あなたはそもそも、〇〇社が必要としているスキルを持っていないため、〇〇社に入ったところで何かしらの迷惑をかけてしまい、すぐにクビになったかもしれないからです。

確かに、〇〇社に入れなかったことは悲しいことかもしれません。
家族や親にも迷惑をかけることになってしまいますから・・・。
しかし、〇〇社が求める人材ではないあなたが入ったところで、仕事をさばけず迷惑をかけていたかもしれませんよね。

 

 りゅうのすけ(通常)

よって、あなたは〇〇社に救われたという捉え方もできるのです。

次こそは絶対に合格したい!転職エージェントを活用して面接対策の指導を受けよう!

さて、ここまで面接で落ちたときの捉え方をお伝えしました。
ですが、やはりちゃんと面接に合格できる力をつけたいですよね。

そんなあなたに今すぐに登録して欲しいのが、「転職エージェント」です。
転職エージェントとは、無料登録することで、ひとりひとりに担当のコンサルタントがつき、転職のサポートをしてくれるサービスのこと。

転職エージェントでは、無料で「面接の指導・対策」を受けることができます。

ちなみに、僕が以前使った転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントでは、面接時のマナー・心得だけでなく、「この企業の最終面接では企業理念に関する質問がありますよ!」といった具体的なアドバイスを受けることができました。

そのおかげで、ずっと面接に落ちていた僕でも、リクルートエージェントに登録から1ヶ月で内定を勝ち取ることができたんです。

 

 りゅうのすけ(通常)

これからの転職活動が不安だという方ほど、「リクルートエージェント」を活用していただきたいです。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら