突然ですが、あなたはこれからハローワークを活用しようと考えていませんか?
ハローワークに初めて行くときって、どうすればいいか分からず不安しかありませんよね。
「場違いな行動を起こして、恥をかきたくない・・・。」というのが本音でしょう。

ですが、実はハローワークはあなたが思っているよりも、かなり簡単に利用できるんですよ!
というのも、ハローワークには相談員さんが常駐しており、分からないことを気軽に相談できるからです。

とはいえ、具体的にどう活用すればいいのか事前に知っておけば、もっと効率よく求人への応募もできますよね。
そこで今回の記事では、ハローワークで受けられる支援や、求人への応募方法をご紹介します。
ぜひ最後までお読みいただき、ハローワークの予習を完璧にしておいてくださいね。

それではまいりましょう。

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

ハローワークの役割とは?ハローワークで受けられる支援は求人紹介や失業保険の受給!

ハローワークで受けられる支援は次の通りです。

 


●ハローワークで受けられる支援

  1. 無料で職業を紹介
  2. 面接対策や書類の書き方の指導
  3. 失業保険の申請

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.無料で職業を紹介

ハローワークで受けられる支援のひとつ目は「無料の求人紹介」です。
ハローワークは、厚生労働省が管轄しているということもあり、その地域の中小企業の求人が豊富に集まっています。

 

 りゅうのすけ(通常)

自分が気になる求人があれば、すぐに応募することもできるので、いち早く転職先を決めたいという方は、ぜひハローワークを活用してください。

2.面接対策や書類の書き方の指導

ハローワークでは、求人紹介と並行し、初めて転職する方に対して面接対策や書類の添削も行なってくれます。

 

 りゅうのすけ(通常)

初めて転職活動をする方は、何かと分からないことが多いはずです。
ですが、ハローワークの相談員さんに申し出ることで、マンツーマン形式で指導を受けることができ、自信を持って面接に挑めますよ。

3.失業保険の申請

ハローワークで受けられる支援、3つ目は「失業保険」の給付です。
失業保険とは、転職活動中の方に対して給付される手当のこと。
ハローワークにて、申請をすれば、大半の人が受給することができます。

>>失業保険の手続きの流れや手順はこちら

ちなみに、僕が失業保険の申請をして受給した金額は、「およそ15万円/月」でした。
次の就職先が決まるまでの間、資金繰りを心配していたのですが、失業保険のおかげで安心して転職活動を行うことができました。

参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構


 

他にも、ハローワークでは「職業訓練」を受けることもできます。
職業訓練とは、次の希望就職先に内定するために、必要な資格やスキルを身につけられる制度のこと。
要件を満たせば、10万円+交通費を受け取りながら、スキルや資格を取得することが可能です。

 

 りゅうのすけ(通常)

ぜひ、新しいスキルを身に付けたいという方は、職業訓練を検討してくださいね。

ハローワークの使い方|希望求人を検索し応募、面接を受けるまでの流れ

ハローワークを利用しようと考えている方の大半は、求人の検索が目的でしょう。
ですが、ハローワークに行って、具体的にどのような手順で求人を検索し、応募するのか分かりませんよね・・・。

そこでこの章では、ハローワークで求人を検索し、応募するまでの手順をお伝えします。
応募までの手順は次の5ステップに分かれています。

 


●ハローワークで求人に応募するまでの手順

  1. ハローワークカードを発行する
  2. 求人検索端末で求人を探す
  3. 相談員に求人の詳細を聞く
  4. 履歴書と職務経歴書を準備する
  5. 面接・採用

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ具体的に解説いたします!

1.ハローワークカードを発行する

ハローワークに着きましたら、最初に「ハローワークカード」の発行を行ないます。
ハローワークカードとは、ハローワークにおいて、求人応募などをする際に必要となるカードのこと。
求職者申込書に必要事項を記載し、窓口に提出すればすぐに発行されますよ。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、ハローワークに初めて行くときは、私服・手ぶらで構いませんよ!
みなさん、かなりラフな格好で来られています。

2.求人検索端末で求人を探す

続いて、ハローワーク内に複数設置されている「求人検索端末」を使って、気になる求人を探します。
自分の希望条件を入力し、理想の転職先を探しましょう。

引用元:ハローワーク

ちなみに、ハローワークの求人検索はネット上でも行うことができます。
以下のページより、希望条件に合う求人を探してくださいね。

>>ハローワークインターネットサービス

3.相談員に求人の詳細を聞く

気になる求人が見つかったら、窓口にて相談員さんに「気になる求人があるんですが・・・。」と伝えましょう。
すると、その企業に関する評判や、応募条件に当てはまるのかなどを教えてくれます。

 

 りゅうのすけ(通常)

もし、自分に合いそうな条件であれば応募をしましょう。

4.履歴書と職務経歴書を準備する

続いて、応募先に送る履歴書と職務経歴書の作成を行ないます。
ハローワークの相談員さんから、マンツーマン指導をしてもらえますので、希望する方は申し出てくださいね。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、転職における書類選考の通過率を高めるにはコツがあります。
そのコツについて「転職の書類選考通過率は15%!通過率を高めるための応募方法とは?」という記事で解説しているので、興味がある場合は読んでみてくださいね。

5.面接・採用

履歴書と職務経歴書が完成したら、企業に応募します。
その際、いきなり面接から始まる企業と、書類選考を行う企業があります。

それぞれに対する書類の渡し方は次の通りです。

 


  • 書類選考あり
    企業に対して、紹介状や履歴書、職務経歴書を送付する
  • 書類選考なし
    面接当日に持参する

 

ちなみに、面接に受かるかどうかは、ある程度の規則性があります。
もし、自分が面接に対する自信がなければ、以下の記事も読んでみてくださいね。

>>面接に落ちる人の特徴と面接対策の方法

 


 

ここまでハローワークのメリットや使い方をお伝えしました。
ハローワークでは手当を給付できますし、無料で求人を紹介してもらえるので、親切さを感じますよね。

 

 りゅうのすけ(通常)

しかし、もちろんハローワークにもデメリットはあります。
次の章では、そんなハローワークを活用するデメリットをご紹介します。

ハローワークで求人を探すデメリットはブラック企業が多いということ

先ほど、ハローワークにもデメリットがあるとお伝えしました。
では、ハローワークのデメリットとは何なのでしょうか?

ずばり、ハローワークのデメリットは、ブラック企業の求人が多いということ。
実は、ハローワークに集まっている求人情報の条件は、掲載されている条件と、実際に働いてから言い渡される条件が違うことが多いんです・・・。

実際に、厚生労働省が公開しているデータによると、平成28年度「ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数」は、10,937件だったそうです。

○ 申出・苦情等件数(全国計)
9,299(10,937)件
○ 内容別件数(主なもの)
・ 賃金に関すること………………….. 2,636 件、28%(2,654 件、24%)
・ 就業時間に関すること………………. 1,921 件、21%(2,128 件、19%)
・ 職種・仕事の内容に関すること……….. 1,311 件、14%(1,439 件、13%)
・ 選考方法・応募書類に関すること……… 1,065 件、11%(1,315 件、12%)
・ 休日に関すること…………………… 936 件、 10%(1,008 件、 9%)
・ 雇用形態に関すること………………… 729 件、 8%( 799 件、 7%)
・ 社会保険・労働保険に関すること………… 646 件、7%( 767 件、 7%)

引用元:厚生労働省

もちろん、あなたには今すぐに転職を成功させなければならない理由はあるでしょう。
ですが、無料だからと言って、虚偽の求人情報を出すような企業に転職をしてしまっては、身を滅ぼすことになり兼ねませんよね・・・。

 

りゅうのすけ(困り)

ハローワークの求人情報には、ブラック求人が多いので気をつけてくださいね。
ハローワークで求人を探そうと思っている方は「ブラック企業を見分ける方法」という記事もお読みください。

ハローワークよりも転職サイトがおすすめ!その理由は優良求人が集まっているから!

もしあなたが、ハローワークを使わずに転職先を探そうと思っているのであれば、「転職サイト」がおすすめです。
なぜなら、転職サイトに求人を掲載している企業は、働き手を見つけるのにお金を払えるような、資金や理解のある企業ばかりだからです。

また、民間の転職サービスには、「転職サイト」と「転職エージェント」という2種類の形態があります。

 


  • 転職サイト
    企業による求人情報が掲載されているポータルサイト。
    希望の求人を見つけ、応募し、面接を受けるところまでのやり取りを全て自分で行います。
  • 転職エージェント
    転職コンサルタントがマンツーマンで転職をサポートしてくれるサービス。
    合格率アップのために面接の指導や書類の添削を行なってくれます。
    また、面接日程の調整や給与など、企業との交渉ごとも全てコンサルタントの方が代行してくれるため、初めて転職するかたにおすすめです。

 

もし、転職について不安なことや、分からないことがあるようでしたら、エージェント型のサービスを活用してくださいね。

ちなみに、エージェント型の転職サービスのおすすめは「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときにも活用させてもらったのですが、担当の方が転職ノウハウを1から教えてくれたので、1ヶ月で転職を成功させることができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

「リクルートエージェント」は、業界最大手のサービスでもあるので、必ずあなたにとって理想的な転職先を見つけることができますよ。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら