突然ですが、あなたはこれから正社員になろうと思っていませんか?

フリーランスとして働き続けるのって、社会的な信用性が低く収入もバラツキがあるので、将来への不安が大きいですよね。
安定して働くために、正社員になりたいという気持ちもよくわかります。

ただ、これから転職する上で気をつけて欲しいのが、”面接や書類で企業に伝える転職理由”です。
というのも、企業側としては、自社に対して熱心な人を採用したいため、面接において「将来が不安」や「安定したい」などのネガティブな転職理由を正直に伝えてしまうと、内定をもらいにくくなるからです。

そこであなたにオススメしたいのが、きちんと面接対策を行ない、自分の魅力を企業に伝えるということ。
そうすることで、企業の採用担当者は、あなたに対する警戒心を解き、あなたの魅力に気づいてくれるでしょう。

今回の記事ではそんな、フリーランスから正社員に転職する際の転職術をご紹介します。
この記事をキッカケに、安定感のある働き方が出来るようになると幸いです。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

フリーランスから正社員になるメリット・デメリットは?すぐに行動せずにどうしたいか検討しよう!

ところで、あなたがこれから正社員になりたいのはなぜですか?

というのも、あまり先のことを考えずに正社員になると、思っていた働き方ができず、後悔してしまうこともあるからです。
まずは、正社員になることのメリット・デメリットをよく知り、本当に自分が正社員になるべきなのかを考えてみてくださいね。

 


●この章の内容

  1. 正社員になるデメリット
  2. 正社員になるメリット

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.正社員になるデメリットは時間の自由がなくなること!

フリーランスから正社員になる最大のデメリットは、働き方に大きな制限が生まれるということ。
というのも、正社員で働く場合、決まった時間に決まった場所へ出勤しなければならず、自由な活動ができなくなるからです。

今まで朝起きる時間が適当だった方も、正社員になれば6時半には起きる必要が出てきます。
もし、時間の決まった生活にストレスを感じるのであれば、正社員になるのは難しいかもしれませんね。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、正社員でも在宅ワークが許可されている会社もあります。
在宅ワークが許可されていれば、働き方はこれまでと変わらないので、ストレスなく働けるかもしれませんね。

2.正社員になるメリットは社会的な信用と将来への安心感!

フリーランスから正社員になる最大のメリットは、社会的な信用性や安定感があるということ。
というのも、企業勤めの正社員になると、会社から次のような恩恵を受けられるからです。

 


  • 社会保険へ加入できる
  • 福利厚生を受けられる
  • ローン審査が通りやすい

 

また、正社員になると、書類の作成や確定申告、クライアントのサポートなどの雑務をしなくてよくなります。
そのため、より自分の仕事に集中できる環境を手に入れることができるでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

ただし、フリーランスから正社員になるときには、いくつか気をつけておくべきことがあります。
そこで、次の章では、正社員になるときの注意点をお伝えします!

フリーランスから正社員にはなりやすい?転職理由の伝え方に注意しよう!

フリーランスから企業の正社員になる場合、ポジティブな評価をされるのではないかと予想しますよね。
なぜなら、本来企業がやるはずの仕事を全て自分でこなしてきているのですから。

ですが、実はフリーランスから正社員になるのは、そこまで簡単ではありません。
もしこれから正社員になるのであれば、次のような点について注意が必要です。

 


●フリーランスから正社員になる場合の注意点

  1. 法的な諸手続きが必要
  2. ポジティブな転職理由が必要

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします。

1.法的な諸手続きが必要

フリーランスから正社員になる場合、いくつか法的な手続きが必要です。
なぜなら、個人で事業を行なうにあたって、本来会社が負うはずの社会的な責任をひとりで負ってきたからです。

例えば、正社員になる場合は、次のような手続きを済ませる必要があります。

 


●フリーランスを辞める場合の手続き

  • 個人事業主の廃業届け
  • 所得税の青色申告の取り止め届け出(青色申告を受けている方のみ)
  • 事業廃止届け(課税売上が1000万円以上の方のみ)
  • 給与支払い事業所等の開設・移転・廃止届出書(従業員がいる場合)

 

 りゅうのすけ(通常)

上記の届出書は税務署にて取得することができますが、忙しく行く時間がなければ、「国税庁ホームページ」でもダウンロードできるので、ぜひ利用してくださいね。

2.ポジティブな転職理由が必要

フリーランスから正社員になる場合、ポジティブな転職理由が必要です。
なぜなら、これまでフリーランスだった人を採用する場合、企業側としては次の懸念点があるからです。

 


  • 周囲とコミュニケーションが取れないのではないか
  • 組織的な活動が苦手なのではないか
  • すぐに辞めるのではないか
  • ただ安定したいだけなのではないか

やはり会社側としては、「なにがなんでもその会社に入りたい・・・!」という熱心な人を雇いたいもの。
ですが、転職理由が安定性やフリーでやるのが疲れたなどの、ネガティブな理由では、どうしても決定打に欠けます。

 

 りゅうのすけ(通常)

よって、フリーランスから正社員になるなら、企業側がポジティブに捉えられる転職理由を用意する必要があるのです。


 

ここまで、フリーランスから正社員になる上での注意点や懸念点をお伝えしました。
中には、「やっぱり正社員になるのって難しいのかな・・・?」と不安になっている方もいるでしょう。

ですが、ご安心ください。
実は、フリーランスから正社員になるのは、意外と簡単なんです。
こんなことを言うのは、僕自身がもともとフリーランスであり、”とある転職術”を使ったことで正社員になれた経験があるからなんです。

 

 りゅうのすけ(通常)

次の章では、そんな僕がフリーランスから正社員になれた転職術をお伝えします。

フリーランスから正社員になるための転職術!綿密な面接対策をしておこう!

この章でお伝えする内容は次の通りです。

 


●フリーランスから正社員への転職術

  1. 綿密な面接対策をする
  2. 転職エージェントを利用する

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.綿密な面接対策をする

フリーランスから正社員への転職を成功させたければ、綿密な面接対策を行いましょう。
なぜなら、先ほどもお伝えしたように、フリーランスが正社員になろうとすると、企業側は「採用してもすぐに辞めてしまうんじゃないか?」と警戒しているからです。

企業の採用担当者から、転職理由に納得してもらえるよう、次の質問に対するポジティブな返答を用意しておきましょう。

 


  • なぜフリーランスになろうと思ったのか?
  • なぜフリーランスを辞めようと思ったのか?
  • 今後フリーランスに戻る気はないのか?

 

 りゅうのすけ(通常)

企業に対して、自分がどんなメリットを提供できるのかを上手く伝えられると良いでしょう。

2.転職エージェントを利用する

フリーランスから正社員への転職を成功させたければ、「転職エージェント」を利用してください。
転職エージェントとは、無料登録することで担当のコンサルタントがつき、次のサポートを受けられるサービスのこと。

 


●転職エージェントで受けられる主要サービス

  • 自分に合った非公開求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接内容の指導
  • 企業に対する年収交渉

 

特に、フリーランスから正社員に転職する際、肝心となるのが書類選考や面接です。
転職エージェントに登録し、コンサルタントのサポートを受けることができれば、自信を持って面接にも臨むことが出来るでしょう。

 


 

ちなみに、転職エージェントの中でも特におすすめなのが、「リクルートエージェント」

以前、僕が転職をするときにも利用したのですが、コンサルタントの方が丁寧にサポートをしてくれたおかげで、フリーランスから正社員へ転職することができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

フリーランスからの転職に不安を抱えている方は、ぜひ「リクルートエージェント」を利用してくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら