突然ですが、あなたは給料が安いことを理由に転職しようと考えていませんか?

「毎月のクレジットカードの引き落としが延滞している・・・。」
「妻とはお金のことでケンカばかりだ・・・。」
「もっと趣味や好きなことにお金を使いたいなあ・・・。」

今の給料が少ないと、お金に関する様々な悩みが生じますよね。
ただし転職しようにも、スキルや資格がなく、上手くいくか不安だと感じていることでしょう。

そんなあなたにこそ知っておいて欲しいことがあります。

それは、年を重ねれば重ねるほど転職しにくくなってしまうということ。
なぜなら、一般的な転職市場では、できる限り若年層を雇った方が後々長く働いてくれますし、スキルの習得も早いとされているからです。
そのため、このまま転職を先延ばすと、いつの間にか転職の機会を失ってしまうのです。

とはいえ、転職活動を使用にも、具体的にどうすれば良いのかが分かりませんよね。
そこで、この記事では僕が以前の転職で、「年収175万円アップ」を実現したときのノウハウをお伝えします。
あなたにもこのノウハウを知ってもらい、好きなことに好きなだけお金を使いつつ、家族にも喜んでもらえるような生活を手に入れて欲しいです。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

年代別の平均給与・年収は?自分の給与が安いかどうかをチェックしよう

給料アップのための転職をする前に、あなたに見て欲しいのが、「一般的なサラリーマンの平均年収」です。
というのも、年収の平均値や水準を知ることで、自分の給与がどれくらい少ないのか、相場を知ることができるからです。

例えば、自分の給料が明らかに平均よりも低い場合、転職を決断することもできます。
また、もし平均値くらいなのであれば、転職よりも副業などを始めた方が良いケースもありますよね。

まずは、自分の年代でどれくらいの給料をもらうのが普通なのかを把握しておきましょう。

 

年齢別の平均給与
20歳〜24歳282万円
25歳〜29歳373万円
30歳〜34歳450万円
35歳〜39歳499万円
40歳〜44歳520万円
45歳〜49歳537万円
50歳〜54歳568万円

参照:平均給与|国税庁

もしかすると、あなたの給与は平均値に比べると安かったかもしれませんね。
ただし、給与の平均値というのは、働いている業界や経歴などによって大きく変動します。

あくまでも参考値として、上記のデータを受け取ってくださいね。

ちなみに、自分の転職市場における価値を計る手っ取り早い方法として、「MIIDAS(ミイダス)」を使うという選択肢があります。
MIIDAS(ミイダス)」は無料登録で使うことができ、自分のプロフィールや職歴などを入力することで、本来受け取るべき年収がどれくらいなのかを把握することが可能です。

ちなみに、僕の市場価値はこんな感じでした。

一旦「MIIDAS(ミイダス)」で自分の市場価値を計測し、本来もっと高い給料をもらえるのであれば、転職を考えてみてもよいでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

本来自分はどのくらいの給料を受け取る価値があるのかを知りたいという方は、お早めに「MIIDAS(ミイダス)」を使って計測してみてくださいね。

給与が安いことを理由に転職する人は意外と多い!その数は全体の21%!

今もらっている給与が、平均値や市場価値よりも明らかに低いのであれば、今すぐに転職をした方がよいとお伝えしました。
ただ、給与が安いからと言って転職をするのは、若干無責任のような気もしますよね・・・。

しかし、多少いまの会社の同僚や上司から嫌われようとも、転職をすることをオススメします。
なぜなら、安月給で働くということは、それだけ人生で貰えるはずのお金を無駄にしていることになるからです。

例えるならば、本当は50万円で売れるはずのブランドバッグを、泣く泣く15万円で売却しているようなもの。

確かに、給料が安いからと言って、会社を辞めるのは無責任のように聞こえるかもしれません。
しかし、「平成28年雇用動向調査結果」を見ても分かるように、転職成功者のうち21%の人が給料への不満や、労働条件が給与に見合っていないという理由から前職を辞めています。

 

 りゅうのすけ(通常)

会社や他人の人生よりも、まずは自分の人生を優先し、正当な評価を受けられる企業で働くことをオススメします。

転職で年収・給与アップは可能!難易度は意外と低い

いざ転職をするとなると、気になるのが「本当に転職で年収アップするの・・・?」ということですよね。
確かに、以前は「転職=会社に馴染めない・仕事ができない」というイメージがありました。

しかし現在では、より自分の市場価値・キャリアを高めるという目的で転職をすることが多く、転職を通じて年収アップしている人は多いんですよ。

実際、「厚生労働省の調査」によると、2015年に転職をした方のうち、およそ40%の方が年収アップすることに成功しています。

 

年収が増えた変わらない年収が減った
男性38.0%23%37.3%
女性43.6%20.6%34.5%

 

ちなみに、年収アップ転職はそこまで難しいことではありません。

特に、今まで会社から正当な評価を受けられておらず、明らかに年収が低すぎる方に関しては、ホワイト企業に転職するだけでも大きく年収アップすることが可能です。
あまり気負わずに、自分に合った企業選びをしてみるとよいでしょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、年収アップのための転職術の詳細を「転職で年収アップ転職を実現する3つコツ」という記事で解説しています。
ぜひ、読んでみてくださいね。

転職で年収アップをするなら「平均年収が高い業界」に飛び込もう

あなたが今働いているのは、どんな業界ですか?
職業には、飲食やアパレル、金融など、たくさんの種類がありますよね。

今後、あなたがより高い年収をもらいながら働きたいのであれば「平均年収が高い業界」を選ぶのが必須です。
というのも、サラリーマンとして働いてもらえる年収の額は、その業界ごとに限界値があるからです。

例えば、外資系コンサルティングファームに勤めていれば、年収1000万円は数年で達成します。
しかし、飲食業界だと、ほんの一部の人だけしか年収1000万には到達できません。

まずは、自分がどれくらいの年収が欲しいのかを決め、その額が達成できそうな業界を選ぶとよいでしょう。

年齢別の平均給与
化学工業568万円
金融・不動産558万円
運輸・公共事業551万円
金属機械工業545万円
IT関連500〜600万円
サービス業431万円
卸小売業408万円

参照:平均給与|国税庁 IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果

ただし、上記のよう平均年収が高い業界に転職をするのは簡単ではありません。
なぜなら、平均給与額が高い業界は、それだけ求める人材も高度だからです。

そこで、あなたに利用して欲しいのが「転職エージェント」です。
転職エージェントとは、無料登録することで専任のコンサルタントがつき、転職のサポートをしてくれるサービスのこと。

転職エージェントを利用するメリットは次の通りです。

 


●転職エージェントを利用するメリット

  • プロ視点で自分に合った職種・業種を診断してくれる
  • 今後生涯年収を最大化するためのプランを立ててくれる
  • 未経験でも内定を貰いやすい非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類の添削や面接の指導をしてくれる
  • 給与交渉や面接日程の調整を代行してくれる

 

転職難易度が高い業界や、未経験の業界への転職は、それなりの準備が必要。
しかし、転職エージェントを利用することで、百戦錬磨のキャリアコンサルタントがサポートをしてくれるので、内定を貰える可能性はグッと高くなるのです。

 


 

ちなみに、転職エージェントの中でも、オススメは「リクルートエージェント」です。

以前、僕が転職をするときにも利用したのですが、未経験の業種への転職でしたが、175万円の年収アップを成功させることができました。

 

 りゅうのすけ(通常)

あなたも「リクルートエージェント」を利用して、年収アップ転職を実現させてくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら