突然ですが、あなたはこれから民間企業への転職を考えていませんか?

「官僚から民間への転職ってどうなの・・・?」
「今の地位を捨てるの勿体ないかな・・・?」
「培ってきたキャリアが活きる場所で働きたい・・・。」

初めての転職ともなると、何を心がければ良いかが分かりにくいですよね。

そんなあなたに知っておいて欲しいのが、官僚からの転職は意外と難易度が高いということ。
なぜなら、官僚の方は一般的に、営業や交渉などのビジネススキルが低いとみなされているからです。
そのため、闇雲に総合商社や銀行に応募したところで、書類選考でさえ通過するのが難しいんです・・・。

ただ、そんな官僚出身者の中でも、簡単に転職を成功させる人がいるのも事実。
例えば、自分に向いている業界を分析し、それに合わせて求人情報を調査できる人などがそう。
きちんと自分と業界を分析すれば、もともと地頭のよい官僚出身者の方は、すぐに好条件の転職が決まるんです。

今回の記事では上記のような、「官僚から民間企業へ転職する際の注意点や転職術」をお伝えします。
これまであなたが培ったスキルやキャリアが活きるフィールドに転職できると幸いです。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

官僚として働き続けるのはデメリット・リスクが大きい!転職を視野に入れておこう!

もしかすると、あなたが転職をするか迷っている背景には、「今の地位を捨てることの勿体なさ」があるのかもしれません。
ですが、このまま官僚で働き続けることにも、次のようなデメリットがあります。

 


●官僚として働き続けるデメリット

  1. ネットやマスコミに叩かれやすい
  2. 個性を出すことが許されない
  3. 出世競争が熾烈すぎる

 

 りゅうのすけ(通常)

もし転職するか迷っているという場合は、再度デメリットを見直してみてくださいね。

1.ネットやマスコミに叩かれやすい

官僚として働き続ける場合、ネットやマスコミで批判されたり、叩かれるリスクがあります。
なぜなら、今の世の中、国家公務員や政治家による汚職が増え、国民やマスコミの視線が厳しくなっているからです。

例えば、森友問題や加計学園問題など、官僚や政治家によるさまざまな事件があり、世間の目は厳しいものです。
せっかく国民のために官僚になったとは言え、上層部が失態をすることで、なかなか国民の信頼を勝ち得るのが難しくなってきています。

 

 りゅうのすけ(通常)

もし、ネット・マスコミからの批判や、業界内の不穏な空気に耐えられないという場合は、転職を視野に入れるのが望ましいでしょう。

2.個性を出すことが許されない

官僚として働き続ける場合、自分の個性を出したり、価値観を主張することが許されません。
なぜなら、官僚の仕事というのは、民間企業のようにクリエイティブなものではなく、既存のシステムをいかに効率よく活用するかが求められるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

もし、今後自分の成長や、ビジネスパーソンとしての幅を広げていきたいのであれば、官僚として働き続けるよりも、転職をするのが望ましいでしょう。

3.出世競争が熾烈すぎる

官僚として働き続ける場合、これから熾烈な出世競争に晒され疲弊するでしょう。
なぜなら、官僚の役職はピラミッドのような構造になっており、出世しようと思えば思うほど、門戸が狭まるようになっているからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

もちろん、民間企業に勤めたとしても、何らかの成果や実績を残さなければ出世することはできません。
ですが、官僚のように、出世のための条件が分かりにくい世界ではありませんので、よりやり甲斐を持って仕事に臨めるでしょう。

官僚から民間企業への転職はメリットが大きい!ただし業界が限られる!

ここまで、官僚として働き続けることのデメリットをお伝えしてきました。

ですが、官僚から民間企業へ転職するにあたって、メリットばかりというわけではありません。
なぜなら、官僚をはじめとした国家公務員の方は、一般的に「ビジネス未経験」として見られているため、転職先の業界が限られているからです。

もちろん、中には地頭がよく、どんな業界にでも順応できる方もいらっしゃるはずです。
しかし、官僚の大半の方は、仕組み化された業務を効率よく遂行することを求められているため、いわゆる交渉ごとや営業などの能力値が低いとみなされています。

 

 りゅうのすけ(通常)

そのため、これまでの経歴にあぐらをかくのではなく、”自分ができること”をベースに転職先を探すことが求められるのです。

官僚から転職するのに最適な職業はシンクタンク系コンサルや政策渉外!その理由とは?

先ほど、官僚から民間企業への転職は、業界が限られるとお伝えしました。
では、具体的にどんな業界であれば、転職先として最適なのでしょうか?

この章では、官僚からの転職先として最適な業界をお伝えします。

 


●官僚からの転職先としてオススメの業界

  1. シンクタンク系コンサルタント
  2. 大手企業の政策渉外

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします。

1.シンクタンク系コンサルタント

官僚からの転職先として、「シンクタンク系コンサルタント(公的機関向けのコンサルタント)がおすすめです。
なぜなら、官僚の方は、シンクタンク系のコンサルタントと「仕事を依頼する側」として関わってきた経験があるため、業務に順応しやすいからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

シンクタンク系コンサルタントは、官僚しての経歴が活かせる数少ない職業です。
ぜひ、求人情報などをチェックしてみてくださいね。

2.大手企業の政策渉外

官僚からの転職先として、「大手企業の政策渉外(公的機関とのコミュニケーション)がおすすめです。
なぜなら、企業の政策渉外であれば、官僚として国家や自治体側で働いていた経験が生きるからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

実際、楽天などの大手企業では、官僚出身のマネージャークラスが多数在籍しています。
これまでの経歴も活かせるので、ぜひ求人情報をチェックしてみてくださいね。

官僚から民間企業への転職は慎重に!明確なキャリアプランを描いておこう!

これからあなたが転職をする上で意識して欲しいことがあります。
それは、「プロの力を借りる」ということ。
というのも、転職というのは、単に自分に合った業界を選ぶのではなく、10年〜20年先を見通し、そのゴールに向かって取り組みものだからです。

例えば、今回あなたが総合商社へ入りたくても、なかなか難しいかもしれません。
しかし、次回の転職で総合商社に入るためにも、必要な能力を身につけるという目的で、コンサルティング業界に入るという手もあります。

このように、10年先、自分がどのように働いていることが理想かを決めそこから逆算し、転職をすることが大事なのです。

ですが、初めての転職ともなると、このようなプランニングもなく、何と無く転職先を決めてしまうことがあります。
そのため、後悔しないためにも、プロの力を借りて転職をすることが大切なのです。

 


 

ちなみに、転職時にプロの力を借りるなら、「ビズリーチ」という転職サービスに登録しておくのがオススメです。

なぜなら、「ビズリーチ」に登録すると、敏腕の転職エージェントから次のサポートを受けられるからです。

 


●ビズリーチに登録することで受けられるサポート

  • 自分の経験やスキルをより活かせるフィールドを見出してもらえる
  • 大手企業の幹部クラスの非公開求人に出会うことができる
  • 登録したらヘッドハンティングされるのを待っているだけでよい
  • 面接や書類の添削指導を受けることができる
  • 企業との面接日程調整や年収交渉を代行してもらえる

 

ビズリーチ」は通常の転職サービスとは違い、年収600万円以上のハイクラスの転職サービスとなります。
そのため、官僚出身者の方でも納得のいく良質な求人に出会えます。

 

 りゅうのすけ(通常)

ひとりではどのように転職活動をすべきか分からないという方は、「ビズリーチ」に登録し、プロのサポートを受けてくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら