突然ですが、あなたは書類選考をなかなか通過できず落ち込んでいませんか?
本当は早く面接を受けて内定をもらいたいのに、書類選考さえ通らないと「もう一生就職先が決まらないんじゃ・・・。」と不安になってしまいますよね。

そんなあなたに知っておいてもらいたいのは、実は、企業の書類選考の通過率はかなり低いということ。
そのため、1件や2件求人へ応募したところで、書類選考を通過することはほとんどないんです。

もし、そのことを知らずに1件ずつ求人へ応募し、選考結果が返ってくるのを待っていたら、いつまでたっても転職先が決まらないでしょう・・・。
ですが、書類選考の通過率の目安を知っておけば、どのくらい活動すれば内定をもらえるのかがわかりますし、書類選考の通らなくても落ち込むこともありません。

そこで、今回の記事では、書類選考の通過率や書類選考の通過率を高める方法をお伝えします。
あなたが次の求人応募で書類選考を通過できると幸いです。

それではまいりましょう!

●転職するなら必ず登録しておくべき転職エージェント

転職における書類選考の通過率は15%!平均応募求人数は16.3社!

ところで、あなたはこれまでどれくらいの求人に応募してきましたか?

実は、中途採用における書類選考の通過率は、極めて低いことが知られています。
そのため、かなりの数の求人に応募しておかなければ、内定をもらえないことも・・・。

まずは、転職活動をしている方が、一般的にどれくらいの数の求人に応募し、どれくらいの確率で書類選考に通過しているのかを確認してみてください。

●ひとりあたりの平均応募求人数

16.3社 / 1人

●中途採用の書類選考の通過率

全体の15%

●面接通過率

面接を通過した方のうち15%

参考:第27回転職世論調査

 

 りゅうのすけ(通常)

このように、中途採用の求人に応募した場合、書類選考・面接の通過率はそこまで高くありません。
そのため、ひとつでも内定を取るためには、15社以上の求人に応募をしておく必要があるのです。

書類選考の通過率を高める方法|最低でも10社にまとめて応募しよう!

先ほど、中途採用の求人に応募する場合、書類選考の通過率が低いため、たくさんの求人に応募する必要があるとお伝えしました。
よって、もし1社でも多く内定を勝ち取りたい場合、次のような形で求人に応募しておく必要があります。

 


●書類選考の通過率を踏まえた求人応募方法

  • 最低でも10社以上の求人に応募しておく
    転職活動は書類選考だけでなく、面接もあります。
    どちらも通過率が低いため、できるだけ多く求人への応募をしておきましょう。
    ちなみに、大手転職サービスの「リクルートエージェント」では、12件以上の応募をするよう推奨されています。
  • 数社まとめて同時に応募しておく
    1社応募して落ちたら次の求人・・・、といった形で求人に応募していると、転職先が決まるまでに半年〜1年以上かかってしまいます。
    書類選考の通過率はそこまで高くないので、リスクヘッジとして数社まとめて同時に応募しておきましょう。
  • 長期戦を覚悟した準備をしておく
    中途採用の転職は、書類選考だけでなく面接も通過率が低いです。
    必死に頑張って書類選考は通っても、面接で落ちてしまうこともあります。
    よって、転職活動は短期間でなんとかしようとせず、長期戦を覚悟し準備しておきましょう。

 

 りゅうのすけ(通常)

転職における書類選考や面接の通過率は、そこまで高くありません。
そのため、上記のように手数をかけた転職活動を行うのがおすすめです!

書類選考で採用担当者はどこを見ている?特にチェックされるのは誤字脱字?

ここまで、転職活動において求人応募の際は手数をかけることが大事だとお伝えしてきました。
ですが、本音としては”できるだけ少ない応募数で”内定をもらいたいですよね。

そんなあなたに知っておいて欲しいのが、「企業の採用担当者が書類のどこを見ているか」です。
なぜなら、企業の採用担当者が書類のどこを見ているのかを知ることができれば、そのポイントへ準備を手厚くすることができるからです。

そんな、採用担当者が書類選考でチェックしているポイントは次の通りです。

 


●書類選考でチェックされるポイント

  • 年齢
  • 現在の年収
  • 転職回数
  • 在籍期間
  • 書類の記載ミス

 

企業の採用担当者は、書類選考において上記のポイントをチェックしています。

例えば、20代前半で転職回数が多かったり、30代後半なのに重要な役職を与えられず給料が少ないと、採用側は「何か問題を抱えているのかな?」といった判断をします。
また、書類に記載ミスなどがあると、「重要書類にミスをしてしまう人だ」として判断され、なかなか書類選考を通過することができないのです。

 

 りゅうのすけ(通常)

もし、上記のチェックポイントにて、何か転職の弱みになりそうな項目があるのであれば、その弱みを潰せるような対策をしておきましょう。

書類選考の通過率を高める方法!自分のキャリアや経歴が活かせる職種・業種を選ぼう

この章では、より書類選考に通過しやすくなるための方法を解説いたします。

 


●書類選考の通過率を高める方法

  1. 自分のキャリアが活きる業種・職種に応募する
  2. 些細なことでも詳細に伝える努力をする
  3. 転職エージェントを利用する

 

 りゅうのすけ(通常)

それぞれ解説いたします!

1.自分のキャリアが活きる業種・職種に応募する

書類選考の通過率を高めたければ、自分のキャリアが活きる業種や職種に応募しましょう。
というのも、今までの経歴や持っているスキルに合わない方は、そもそも選考の対象にさえならないことがあるからです。

例えば、どれだけITエンジニアになりたいと思っていても、これまでの経歴が土木作業員だった場合、なかなか採用されにくいです。
自分の経歴が活かせつつ、より理想に近づける職種・業種を選ぶようにしてくださいね。

 

 りゅうのすけ(通常)

ちなみに、書類選考や面接において、自分の強みをきちんとアピールできると通過率が高まります。
自分の強みの見つけ方については、「自分の強みを見つけ転職を有利に進める方法」という記事で解説しているので読んでみてくださいね。

2.些細なことでも詳細に伝える努力をする

書類選考の通過率を高めたければ、些細なことでも詳細に職務経歴書に記載しましょう。
というのも、些細なことだからといって、自分の得意なことやスキルについて書かなければ、自分の魅力が伝わらないからです。

 

 りゅうのすけ(通常)

例えば、今までの仕事の中で身につけたことや得意なこと、Officeソフトを触れるといった些細なことでも構いません。
自分が持っている魅力をきちんと伝え、少しでもプラス評価を得られるよう努力をしましょう。

3.転職エージェントを利用する

書類選考の通過率を高めたければ、「転職エージェント」を利用するのがおすすめです。
転職エージェントとは、無料登録することで担当のコンサルタントがつき、転職に関するサポートをしてくれるサービスのこと。
転職エージェントに登録することで、次のサポートを受けることができます。

 


●転職エージェントで受けられるサポート

  • 非公開求人の紹介
  • これからのキャリアに関するカウンセリング
  • 作成書類の添削
  • 面接の指導
  • 企業への給与交渉

 

転職のプロによる書類選考や面接に対する指導も受けられるため、特に自信がない方におすすめです。

 


 

ちなみに、転職エージェントの中でもおすすめは「リクルートエージェント」です。

僕も以前、利用したのですが、担当のコンサルタントの方が親身にサポートしてくれたおかげで、50%の確率で書類選考に通ることができました。
また、面接の指導も合わせて行なってくれるので、より効率よく「書類選考→面接→内定」と進めることが出来ます。

 

 りゅうのすけ(通常)

「リクルートエージェント」は無料で利用することができるので、ぜひ早めに登録しておいてくださいね。

175万円の年収アップ転職をするには?

転職を通して、年収アップを実現するのは何だか難しそうですよね。
ですが、転職で年収アップをするのは簡単なんですよ。
なぜなら、転職先を選ぶときに「あること」を意識するだけだからです。
実際、僕はその”あること”を意識しただけで、1回の転職で175万円の年収アップを成功させることができました。
では、年収アップ転職を実現するための”あること”とは何なのでしょうか?
175万円の年収アップ転職術
を解説した記事はこちら